人付き合いで身近なのは働いてる職場ですよね。慣れてくると「この人苦手だな」「好きではないな」と感じることも出てきます。職場では、苦手だからと言って避けるわけにもいきません。どのようにお付き合いしていったら良いのでしょうか。コントロールできる術を身につけていれば明日から少しは気が楽になりますね。

苦手な人、嫌いな人がいないという人はあまりいないでしょう。人それぞれ違った性格があるので、全ての人と気が合うというわけにはいかないのは仕方ないでしょう。

では、どのように接して行ったら良いのか考えてみましょう。


仕事上であれば、完全に接点を持たないという事は不可能です。無理に努力するとストレスが溜まるだけです。
まずは「無理に仲良くしようと考えないこと」がいいでしょう。

無理に仲良くしようと考えないで接していると意外と大丈夫だったということもありますので、まずは気楽に構えましょう。逆に絶対に無理という方もいらっしゃいますね。その場合には、接点は最低限にするようにしましょう。最低限の接点といっても、決して相手に悪い印象を与えることのないような対応は心がけるのが大人の女性です。
そして、あいさつは必ず自分からするようにしましょう。あちらが何も言わなかったとしてもこちらはしておけば問題ありません。それから、その方を苦手としている方がいたとしても悪口大会はやめておきましょう。悪口と言うものはどこかから必ず漏れてしまうものです。それはあなたの評価を下げてしまうのでやめておくのが良策です。


自分と相性が悪いなと感じたときに、決して自分を卑下することなく世の中には色々な人がいるのだと割り切ってしまいましょう。自分も色々な人の中の一人なのです。
「割り切ってしまうこと」はとても大切です。
そして「無理に相手を好きになる必要はないのです。自然としているうちに相手の良いところを見つけて好きになることもないとは言えません。なので無理に好きになろうとは考えなくて大丈夫です。


「相手と距離をおいて観察すること」をしてみましょう。
距離をおくことで冷静に相手のことを見つめることが出来、意外といいところを発見出来るときもあるかもしれません。
観察していると、こんな一面もあったのだと感じ、共感することもあるかもしれません。意外と楽しいものです。


「相手に近づいてみる」というのも一つの方法です。
接点を持たないようにするというのとは全く逆の発想なのですが、それもあるということです。自分が相手を嫌いと思っているときは大概相手も自分を嫌いです。近づいてみて、意外と気が合ったなんていうこともありますので、可能であれば1度近づいてみるのもいいかもしれません。無理にすることはありませんが・・


苦手な人が大勢いるというと人間関係がなかなか構築できませんので、少し「克服する努力をすること」をしてみてもよいかもしれません。
苦手な人ばかりが増えていくのは悲しいものです。いつもと違った目を持って相手を見てみてはいかがでしょうか。


「嫌いな人のいいところを見つけてみること」をしてみましょう。
誰にでもいいところはあるはずです。あなたが嫌いだと思っているところはその人のほんの一部です。いいところが全くないという人もいません。どこかにいいところがあるけれど、あなたにはその部分を見せていないだけかもしれません。そんな風に考えてみると意外といいところが見えてくるかもしれませんよ。


「自分のことを振り返って」みましょう。
人のことは嫌い・欠点が気になってしまうと感じたときに、自分のことを振り返ってみましょう。人の嫌なところは意外と自分のダメなところということもあるのです。自分が同じような行動・言動をするからその人の心理に気づいているのかもしれません。ちょっと自分のことを考えてみましょう。


色々と書きましたが、人間皆好き嫌いはあって当たり前です。苦手な人・嫌いな人もいて当たり前。でも、人を嫌いだと思う負の感情はあまりいいものではないですね。負の感情をかかえていては、よい気はあなたのもとにやってきません。勿論、無理してその人を好きになったりする必要はありません。でも、あなたの周りに負の感情がたまらないように過ごしたいものですね。きっと良い気がまわってきますよ。




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)