私はなぜ、「運命の人」と会えないの?と思っているあなた。「運命の人」は、はたしてどこにいるのでしょう。
そして、どうしたら会えるのでしょう。「運命の人」と出会うことが出来た人は、どんなことをしていたのでしょう。
「運命の人」と出会う事について考えてみましょう。

「運命の人」

「運命の人」とはそもそも、どんな人のことを指しているのでしょう。一生に一度出会うことが出来る、自分にピッタリの人という事ですね。皆が「運命の人」に出会っているのでしょうか。
特別な存在である「運命の人」。
よく聞く、「この人と会った時にビビビっときた」なんていう経験は誰もがあるわけではありません。でも、そんな風に出会ってみたいと思いますよね。

「運命の人」と出会うには

待っているだけで「運命の人」はやってきてはくれないようです。まず、運命の人が現われる前触れがあると言います。

*人生の大決算が起こる

ずっと一緒にいた彼氏だったり友人だったりと、突然もめ事が起きて離れなければならなくなったり、仕事も突然リストラされたり、家族の都合で東京を離れなくてはいけなくなったり、とにかく何かしらの理由で突然の別れが訪れます。
しかも大抵が、その時期の自分が一番必要だと思っていた人や場所だけに、この事象は一見ネガティブに映ります。自分がこれから先うまくやっていけるのだろうかなどと悩む事もありますし、傷ついて立ち直れないという人も多くいます。でも手放しましょう。執着していると運命の人との出会いのタイミングを失います。

*自分から行動を起こしたくなる

これまで繋がっていた糸の絡まりが解けてお互いが出会う日が近づいて来るのです。出会いを期待してジッと同じ場所で待っているのではなく、自分自身が「やりたい」と心を動かされるものを見つけることから始めてみましょう。

*イメージチェンジしたくなる

新しい出会いを無意識に察知して、身だしなみを整えたくなったり、新しい自分になりたいという欲求が生まれるそうです。
人間は本来、未来に起こることを本能的に察知する能力が備わっているので、無意識に感じ取ることができるのです。大胆になるくらいイメチェンしても良いでしょう。「運命の人」から見つけてもらわなくてはいけませんからね。

「運命の人」を引き寄せるには

あなたの持っている「運命の人」のイメージはどのようなものでしょうか。人によって違ったタイプの人をイメージすると思います。具体的にイメージしてみましょう。どんな姿をしていて、仕事はこんなこと。どのような家でどんなライフスタイルで生活しているのか。あなたにどんな声で語りかけてくるのか。そして、手の感触はどのような感じなのか。具体的にイメージすることで、彼はあなたのもとに引き寄せられてくるのです。
「運命の人」を引き寄せるためには、恋愛だけではなく、全てのことに熱心に取り組むことも大切です。そのことであなたは輝き、「運命の人」との出会いが舞い降りてくるかもしれません。

「運命の人」が近くにいた

「運命の人」は必ずしも、どこからかやってくるというわけではありません。もしかしたら、すでにあなたの近くにいるのに、気づいていないだけかもしれません。もう1度自分の周りを見直してみましょう。今までただの友達や同僚だった人の中にあなたの「運命の人」が隠れている可能性もあるのです。

「運命の人」はあなた次第

「運命の人」と出会うためのポイントなどをお話してきましたが、実は「運命の人」を決めるのはあなた次第なのです。物語ではないので「白馬に乗った王子様」がやってくるわけはありませんし、キムタクのような外見で、仕事もバリバリ、優しくて、お金持ち、スポーツ万能なんて人、そうそういるわけはありません。
「運命の人」はあなたと一番合う人なのです。つまり、あなたがその人を「運命の人」と認めることが大切なのです。いつまでも、相手の欠点を見つけて、この人は違うなんて思っていたら一生「運命の人」は現われませんよ。
他人から見たら「運命の人」ではないけれど、あなたにとって「運命の人」であれば、いいのです。
「運命の人」があらわれるかどうかは、あなた次第です。



540x360x1313_ito2-540x360_jpg_pagespeed_ic_TDF10M6fRi


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)