男と付き合えないわけではない。両思いになることもあるし、告白したり、されたりして、お付き合いに発展することもある。でも、なんだって私の彼氏は、こうダメ男ばっかりなの~!?
そんな経験、ありませんか? 付き合う人付き合う人、いわゆる「だめんず」ぞろい……。私って、相当男を見る目がないのかな? と思っている方も多いと思います。
でも、ちょっとあなた自身を見直してみて! 付き合う男性がどれもこれもだめんず、というケース、実は、あなたが男性を「だめんずにしている」んです! ダメ男とばっかり付き合う恋愛は、もうウンザリですよね。いい男と付き合うためには、あなた自身が「だめんず製造工場」を脱出しなければいけません! そのためにはどうしたらいいでしょう? だめんず製造をストップする方法を考えてみましょう。

◆デキル女ほど、だめんずを作る

何人の男性とお付き合いをしても、だめんずとばっかり付き合っちゃう。ああもう、私って見る目がないなぁ……と落ち込んでしまいますが、そうではありません。だめんずを製造してしまいやすいのは、お仕事バリバリのキャリアウーマンさんをはじめとする、「なんでもできちゃうタイプ」の女性。本当は、見る目だってそこそこはあって、相手の男性だって、出会ったときは「ダメ男」ではなかったはずなんです。
でも、デキル女性ほど、男性を育てるのはへたくそ。あれもこれも、できてしまうからといって、男性が本当だったらできることや、できないことをできるようにする……つまり成長するチャンスにも、女性が手を出してあっという間にこなしてしまう。だから、出会ったときにはそこそこの男性でも、そこから成長することができず、逆に女性になんでもやってもらえることに甘えるようになり、あっという間にダメ男になってしまう、というわけですね。
そして、こういう女性に限って、男性を立ててあげなくちゃいけない……というようなことは考えているので、甘えている男性を尊重し、余計に甘えさせてあげる。すると、男性の側には罪悪感が芽生えることもなく、ますます助長させてしまうのです。これでは、男性にダメ男の素質がある……というよりも、彼をダメ男にするのは女性の責任である、と言わなくてはなりませんよね。
だから、その男性と別れて、次の男性と付き合っても、相手は違うはずなのに、経過と結果が同じになってしまいます。これが、デキル女性ほど、だめんずを作ってしまう、メカニズムなのです。

◆愛されるのは「男性を正しく尊重してくれる人」

男性は、自尊心の高い生き物です。ですから、男性を尊重するという方針は、全く間違っているわけではありません。しかし、尊重の方法を間違えていると、男性はカンタンに、ダメ男になってしまいます。
男性を正しく尊重するには、あなたがいかに様々なことをデキル女性であっても、わざとできないふりをして、相手に甘えて生きなくてはなりません。昔と違って、現代女性は非常になんでもできる方が多いのですが、そこを敢えて男性にやらせるのが「正しい尊重」の方法。男性は、頼られる、頼まれることが大好きな生き物です。私できない。あなたやって! ね、お願い! と頼まれると、そのこと自体が、「あなたにとって、彼は必要な人!」というサインとなります。頼られている、必要とされている、自分は彼女よりできる人間なんだ……と思わせることこそが、彼に愛される法則なのです。

◆今彼が既にだめんずなら、まず別れましょう

本当に私のこと、愛しているの?
そう訊ねると、ダメ男くんは、女性のことを愛していると、口では言います。これは半分が本当で、半分が嘘だということを、あなたは知らなくてはなりません。
半分は、彼はあなたのことを本当に好きだという気持ちを持っています。なぜでしょうか? それは、あなたが、彼の面倒なことをなんでもやってくれる人だから。なんでもやってもらえる! という依存心が、彼に、あなたのことを「この女性を愛している」と勘違いさせているのです。しかし彼自身はそれが勘違いだということに気づいてはおらず、「彼女を愛してるんだ」と思い込んでいるケースがほとんどです。
ですから、彼があなたのことを「愛している」と言ったからといって、それは必ずしも、嘘をついているわけではありません。むしろ、彼にとって「愛している」は真実です。
でも、本当のところはどうでしょう?
あなただけを働かせて、自分は働かず、決して莫大とはいえないあなたの資産を浪費したり
身の回りの世話をすべて、あなたにやらせて、自分はただ会社に行くだけだったり
あなたのことを愛している男性は、そうした生活を、愛する人にさせるでしょうか? いいえ、そこに愛があるのなら、男性はあなたのために様々なことをしてくれるはずです。お金や信頼を提供し、あなたが困っていることがあれば力を貸そうとするでしょう。……あなたが、愛する人に対して、そうしているように。そうでないのなら、彼の「愛している」は、残念ですが、やっぱり嘘なのです。
今現在、あなたの彼氏が既にだめんず化しているのなら、彼があなたと一緒にいて、軌道修正できる可能性は、ほとんどありません。彼は、あなたがデキルことを知っているのです。あなたが、頼めば……いいえ、もしかすると頼まなくても、何でもやってくれることを知っています。ですから、あなたといる限り彼は、やってもらって当たり前。お金であれば、自分が働かなくても、あなたに出してもらって当たり前。その考えから離れることはできないでしょう。
彼にとっては非常に居心地のよい状態ですから、別れたくない、愛していると言われるでしょうけれども、残念ながら「あなたを愛していない」その彼とは早い段階で別れ、新しい男性と、新しいスタートを切ることをおすすめします。その折には、あなたがいかにデキル女性であっても、出会ったそのときから、正しい方法で彼を尊重してあげて下さい。

いかがでしたか? 一昔前でしたら、たいてい女性は家の中でちんまりしていたものなので、男性は苦労なく大きな顔をできていました。でも現代はそれがちょっと難しい時代にきています。女性のほうが、一度に多くを考えることのできる脳を持っていますので、やらせればどんどん伸びる能力がある。それだけに、仕事もダメ男も抱え込んでも、やっていけてしまう女性は数多いのです。しかし、やっていける一方で、だめんずとお付き合いすることは、常に辛さと隣り合わせですよね。そんな辛い状態から抜けだし、本当に愛情をもってお付き合いできる相手と出会えるよう、お祈りしています。



AL005_konnnahazujyanakatta20140830-thumb-1000xauto-17469

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)