何歳になっても、女性からしたら男性は「かわいい」と思える生き物です。

年上男性でも、年下男性でも、女性がある一定の年齢を超えたら、かっこいいと可愛い、という男性に対する感情が混在するのです。男性に対して可愛いと感じやすい女性は、人よりも母性本能が強いのだと思います。男性に対して、かわいいと言う感情を持つことがない女性も、中にはおり、可愛いと言う感情が持つことがないからといって、母性本能が欠けているというわけではありません。

ですが、母親になる体を持った女性なのだから、少なからず皆さん母性は備わっているのです。そして反対に、男性も「甘えられる女性」を見つけることができたら、その女性を手放す事はなく、ずっと大切にするでしょう。その理由は、男性は男性なりに、甘えるという行為が恥ずかしいと感じる人が多いので、その羞恥心さえなくせる相手と言うのは、どれほど大きい存在かを分かっているからです。

ですが、今回は女性の母性本能のお話ではなく、男性の本能的な部分、征服欲のお話をしていきたいと思います。


【男性が言葉よりも、体の関係を重要視するのは、セックスの最中が一番征服感を感じられるから】

女性は体の関係を持つ前の、心はお互い通じ合っているけども、キス以上の関係になっていない時間を楽しむ傾向が強いです。男性も、自分のものになっていない段階では、少しのスキンシップにも敏感で、優しく感じますよね。
そして、女性も男性が一番頑張る所だということを、知っているからこそ、その段階の二人の時間を有効活用し、お付き合いするならこうして欲しいとか、私はこんな女の子です!という会話を盛り込んでくるのです。

女性が言葉を重要視する理由は、好きな人の口から奏でられる愛の言葉に酔いしれたい、そして、一度口にしたことを一生物と言うかのような記憶力で覚えているので、男性の皆さんは、ワンステップ先に進みたいからと言って、思ってもいない言葉をツラツラと発するのは危険だという事を頭に入れておいた方がいいと思います。

そして女性は、体の関係があったとしても、「お付き合いしましょう」という言葉がない限り、「二人の関係性」はアヤフヤだと思っている場合が多く、その反面男性は、「お付き合いしましょう」という言葉があっても、体の関係まで進めない場合は、付き合っていないものと認識します。体の関係があってこそ、男性は「彼女は自分のモノだ」という意識が芽生えるのです。
そして、MとかSとか関係なく、セックスの最中が一番、彼女の事を近くに感じ、一つになる感覚は、きっと女性とはまた違うのでしょうね。

女性は、セックスにおいて前後の行為を優先的に考え、セックス後のピロートークをも大事にします。ですが、男性はどうでしょうか?ピロートークを好んでする男性は少ないですよね。そのピロートークを男性も嫌がらずにしてくれるのは、お付き合いも始めたころ位でしょう。ですが、重要としている部分が、男性女性違うのですから、そこの部分は仕方がないのです。どちらが正しいというわけではないのでしょう。



【体の関係だけでなく、褒めることで、見えない部分の男性の心を掴むこと】

もう一つは、目に見えない精神論の部分を、お話していきたいと思います。冒頭にも書きましたが、男性が女性に甘える事は、安心出来る相手にしか見せることが出来ない、唯一の感情でもあります。そして、男性の甘えるという所は、女性が男性に思うような行為ではなく、男性が甘えるという事は、褒めて欲しい願望が表に出るという所だと思います。
男性は、自分の事を一番に認め褒めてくれる女性を、先ほど書いた体の関係にて征服することにより、その絶対的な関係の相手だという事に、特別感を生みだすのです。男性も女性も、命は女性から生まれます。その関係性も含めてかは、分かりませんが、男性は女性に認められることを、本能的に望むのです。

「彼氏をイイ男にしたいのなら、けなすのではなく、褒める事」

これは、真実であり、特に男性に対しては、とても重要な部分なのです。男としての自尊心、男としての自信、この両方は自分だけでは保つことは難しいと思います。その部分を、極限まで高めてくれる存在は、自分のモノだ!と認識した女性からの言葉が必要なのです。


男の征服欲を知って、男の本能をくすぐるという行為は、やはり女性の掌の上で操られているにすぎません。
ですが、その男性の根本的な部分を理解してあげない限り、男女の関係性は目に見える部分でしか測れなくなってしまうのでしょう。女性が本能的に男性に「可愛い」と言う感情を持つのは、きっと、甘えたい男性の本能を、頭の中で分かっているからだと思います。

その女性の本能的な部分を、女性自身意識することで、男性の「分からない」と言う部分は、ほとんどなくなっていくように感じます。


【関連記事】
ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
年収が高い人を魅力に思ってしまうのは悪いことなの?
【ストックは3人が基本?】アラサーの赤裸々婚活事情とは


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)