大好きなカレとのはじめての夜。
シャワーを浴びて、
化粧水と乳液つけたら眉を申し訳程度に書いて
下地とパウダーとチークですっぴん風メイク、
ロクシタンのボディーローションを塗って
触られてもちゃんと良い香り。
わたしの準備はOK!
いざカレのいるベットに!
・・・あれっこれは・・・
カレのアソコが包まれてるけど、、仮性、、
えっ違う、立ってるのにむけない!!
これはっ、、、どうしたらいいの!!!!




あなたにも起こるかもしれないそんな事態。
その時にはまず焦らないで対処しましょう。


【テンパらない】
まず落ち着きましょう。
その包まれた「カレ自身」は
何もあなたを取って食ったりはしません。
ここで注意すべき点は一つ。慌ててはいけません。
静かに息を吸って静かに吐いて、
うわずった声で「大きくなってるね」
と言いましょう。
驚きや戸惑いを顔に出したらアウト!
決して動揺を悟られてはいけません。
カレだって「このこと」、
気にしてるかもしれないんです。


【カレの様子をうかがう】
あなたが「大きくなってるね」と
言葉を投げかけることにより、
カレからは何かしらの
リアクションが返ってくるでしょう。
もしかしたら「おれ包茎なんだ、、」と
カレからなんらかの
追加情報をもらえるかもしれません。
「うん見ればわかるよ?」なんて思っても、
絶対に言ってはいけません。

【慎重に対処する】
ここから先はあなた次第。大好きなカレ。
好きな人の身体の一部分ですから、
カレのアソコだって愛おしいはず?
可能な範囲でなめてあげたり、
愛撫をしてあげましょう。


一説では日本人男性の7割が包茎とのこと。
果たしてわたしたちは彼らとどの様に
向き合えばいいのでしょうか。
あまり詳しくは知らない包茎のこと。
包茎っていいこと?わるいこと?調べてみました。


【包茎の種類】
包茎にはなんと大きく分けて3種類あるとのこと。
仮性包茎・・通常時には亀頭が全部あるいは一部が包皮に覆われている状態で、勃起時には痛みやしめつけはなく、亀頭をスムーズに全部露出させることができるタイプ。いわゆる包茎といわれるものの約8割がこの仮性包茎に該当します。
カントン包茎・・包皮の先端が狭いために、勃起時に亀頭を露出しようとすると包皮に締めつけがあり亀頭を全部露出できないタイプ。
真性包茎・・包皮の先端が非常に狭いために、平常時も勃起時も包皮をむくことが全くできず亀頭を露出させることできないタイプの包茎。 包茎の中でも一番重症なタイプです。 日常生活、性行為に支障をきたすことも多くあるそう。
冒頭のカレはおそらくカントン包茎から真性包茎にいずれかにあたるのでしょう。ではそんな包茎、どんな悪い部分と良い部分があるのでしょう。

最新の包茎治療なら【東京メンズサポートクリニック】

【包茎の良くない部分 その1】
まず多く聞くのが早漏に関する声。通常時に包皮が亀頭を包んだ状態である為その部分が敏感となり、
セックスの際の刺激に耐えることができず、包茎でない人より早く射精してしまう人が多いとのこと。
またアンダーヘアが包皮に絡み痛みを感じてしまうこともあるみたいですね。
あまりに持続し続けるのもちょっと大変にはなっちゃうとは思いますが、、なるほど。


【包茎の良くない部分 その2】
次にあるのが衛生面。通常時に包皮が亀頭を包んだ状態である為亀頭が露出した状態に比べて
臭いや恥垢がたまりやすくなります。このような不衛生な状態のためSTD(性感染症)にかかりやすくなる可能性や、SEXの際に相手に不快感を与えてしまうこともあります。確かに本人に自覚がなくても、
相手にいやな思いをさせてしまうのはカレとしても本意ではないですよね。


性病検査STDチェッカー【タイプE(男性用)】 5項目:クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

新品価格
¥9,936から
(2015/8/26 11:52時点)

では良い部分、これはどういったところがあるんでしょうか。

【包茎の良い部分】
良くない部分の裏返しになりますが、感度が保たれる、ということがあるようです。一説によると
亀頭を包む包皮の先端部は性感帯となっている事もあるとのこと。また上記とは逆に包皮に包まれていることにより、外部の細菌やウィルスから亀頭を守る役割があるともいえるそう。ここまでくると捉え方の問題かなとも思いますが、、

いかがでしょう。個人的に仮性包茎なら日常生活に支障もないそうですし気にしないのもありかと思いますが、冒頭の様にもしカレがカントン包茎や真性包茎であるならば、カレに手術をお勧めしようと思います。
二人の性生活も大事ですが、
なんといっても一番大事なのはカレの健康のこと。
もし彼が包茎だったら、、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)