男性が付き合いたいと思っている理想の女性を聞くと、「理想の女性像」が一人歩きしてしまっているように感じられます。
一般的に、「結婚するなら優しくて、料理上手な家庭的な女性が良い」などと言われますが、個性的な女性が好みの男性の場合は、家庭的な女性は母親としては良くても、恋人としてはなんとなく物足りないということになってしまいます。
自分がどんな人間なのかというところがつかめていないと、理想の女性と出会っても幸せになれないということではないでしょうか!?


【男性が付き合うと決める際にこれだけは譲れないものってあるの?】

これだけは譲れないものというのは、最低のラインという意味ですけど、付き合ってみるまではどんな性格の人なのかはわからないので、浮気はしないとか、タバコを吸う人は嫌だというような、ごく常識的なものになるでしょう。譲れないものがたくさんある頑固な人は付き合いづらいです……、相手の話を聞くことのできる柔軟な人がいいですね。

すごく真面目な人でいい人だけど、無口で一緒にいてもつまらない……という場合もありますから、いろんな人と話をして、最初は友達として付き合ってみることが大切です。


【男性が付き合いたいと思う理想的な女子、5つの特徴とは?】

男性が付き合いたいと思っている理想の女性として、「趣味が合う人」、「価値観の合う人」、「金銭感覚の合う人」、「気遣いのできる女性」、「自分のことを大切にしてくれる女性」のようなものがあげられていました。どれも、常識的なものですが、よく考えると、それほど簡単じゃないことがわかってきます。


■趣味が合う人
趣味が合えば、確かに一緒にいて楽しいでしょう。スキーやテニスといったメジャーな趣味なら、やっている人が多いので、趣味の合う人を探しやすいかもしれません。
しかし、インドア系の趣味で、模型造りやコレクションのような一人でやれるものになると、趣味の合う異性は少なくなってきます。その場合は、自分の趣味を理解してくれる人を探した方がいいでしょう。趣味が合わなくて、かつ理解の足りない人と付き合うと、趣味を全否定されるおそれが出てきます。自分の趣味をジャマしない人と付き合うことが大切です。

■価値観の合う人
離婚でトップに来る原因は「価値観の不一致」ですが、価値観の一致というのも難しい問題です。価値観というのは、「何を一番重視するか?」ということです。たとえば、異性の友人と二人で食事しても平気な人と、メールをするのも許せないという人とでは、価値観は不一致ということになります。
価値観が違いすぎると、別れにつながります。ただ、すべての価値観がピッタリと一致するということはありえないので、多少の妥協は必要です。話し合いで価値観をすり合わせできる相手がいいですよね。

■金銭感覚の合う人
極端にケチだったり、金遣いの荒いタイプだと合わせるのに苦労します。そういう意味では、「金銭感覚の合う人」がいいでしょう。
お金の使い方って現実的な問題なので、身近なところだと、クリスマスのプレゼントに片方はブランドものを贈ったのに、片方はお菓子を贈るみたいなことでケンカになりそうです。

■気遣いのできる女性
「男性を立てて、気遣いのできる女性」とあります。それはどんな女性かと言うと、「男性の言うことを聞き、グチを言わない女性」らしいですが、この男性が女性の話を聞かず、「おまえは俺の言うことを素直に聞けばいいんだ」という男性だと、グチも言いたくなってくるのではないでしょうか!?

■自分のことを大切にしてくれる女性
優しくて、何よりも自分のことを大切にしてくれる女性、そんな女性がいたら大切にした方がいいです。人間にはエゴがありますから、自分以上に相手を大切にできるというのは、それほど簡単なことではありません。人には俺を大切にしろと言うけど、自分は人を愛せないということになると、この理想は言うだけになってしまいます。


いかがでしょうか?外見も内面も理想的な女性というのはいるでしょうけど、そういう人に好かれるというのは別な話と思った方がいいです。

お付き合いというのはバランスですから、自分に足りないところがあれば、それを埋めてくれるパートナーを探し、自分も相手の足りないところを埋める努力をしないと、結局うまくいかなくなります。
あまり「理想の女性」というこだわりにしばられずに、もっと感覚的に女性を好きになった方がいいです。「理想じゃない女性と結婚したけど、今は幸せ!」という人もたくさんいますからね。








(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)