気になる男子や彼氏に作る料理のことを、「恋めし」とか「恋ごはん」と呼ぶそうで、これは密かなブームになっているようです。男子からしてみれば、女子の手料理を食べられることほど嬉しいものはないのです!でもせっかく作るなら男子をドキッとさせて自分に釘付けにしてやりたいですよね♪

そこで今回は男子がドキッとときめく手料理をご紹介していきます!
恋めしを作る前にぜひ読んでおくといいですよ!


【どのくらいの女性が自炊しているの?】

いくら好きな料理を知ったところでそれを作れる腕前がなければ話になりません。要は自炊できるかということです。20代から30代の仕事を持つ独身女性の4人に1人は自炊を全くしていないというデータがあります。
7割超は自分で自炊をしているということですが、週7日自分で夕食を作るという女性は2割にも満たないことが分かっています。ある意味では仕事があるから仕方ないかもしれません。ただ彼氏の胃袋を掴むことを考えると、料理の練習をするという意味も込めて自炊する日数は多ければ多いにこしたことはないでしょう。


【どこで食事しているの?】

自炊しない人はどこで食事をしているのかですが、家で食べることが多いのではないでしょうか。あくまでも何も作らないというだけで、スーパーで食べ物を買ってきて食べることになるでしょう。
仕事で疲れてしまって自炊する気力が起きないという方もいるでしょうし、そうした方の場合だと、仕事から家に着くまでの間にどこかのお店によって外食をするということもあるでしょう。

ただ、外食や既に調理済みの食品ばかりを食べていると料理の腕が落ちてしまいますし、練習しなければうまくなることはありません。そうならないように普段からしっかりと練習の意味を込めて自炊はしたいものです。

では、彼女が彼氏の胃袋を掴むためにはどのような料理を練習すればいいのでしょう?


【男子がドキッとときめく手料理とは?】

■カレー、ハンバーグなど定番メニュー
彼氏が喜ぶメニューのトップ3はこれらになります。どう見ても定番であることに変わりはありませんが、もしかしたらお子様のメニューではないかと思う方もいるでしょう。しかし、実際に人気があるのはカレーやハンバーグであり、ちょっとした工夫がうれしい料理であるとのことです。

女性心理的には、とにかく豪華なものを食べて欲しいと張り切るところがあると思いますが、あまりにも凝ったものを作ってしまうと反対に申し訳ない気持ちになってしまうようです。ちなみに、男性の味覚というのは子供の頃とあまり変わらないみたいですから、子供が大好きなものを出してあげると喜ばれると思います。


■肉じゃがなどの煮物
カレーやハンバーグ、そしてコロッケなどと人気を二分するのが肉じゃがなどの煮物です。お母さんが作る定番料理でもありますし、家庭の味として食べたいと思っている男性は多いものです。人によってはひと口食べただけで泣き出してしまうこともあるみたいです。

肉じゃがや魚の煮つけ、それに鶏肉と里芋の煮物など、調味料や煮る時間などで味がガラッと変わるため、それなりの練習が必要となりますが、きっちり作ることができれば彼氏の胃袋をがっちり掴むことができるのは間違いないですね。


■自分の出身地の料理
少数派ではありますが、自分の出身地の料理というのもあります。出身地が異なる、その地域にしかないような料理を食べることで相手のことを一層知ることができるという意見があります。
また、同じ料理であってもその地方独特の食材や味付けを楽しむことができるという意見もあります。もちろん出身地にしかない料理について知っておく必要がありますが、自分の生まれ故郷の料理を出すことは彼氏にとって特別に思えるのではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。男性の胃袋を掴むためには変化球はいりません。定番料理でストライクを取ることができます。自炊をしていないという独身女性の方は今すぐカレーやハンバーグの練習を始めるといいかもしれませんね。

今はそんなことは無いかもしれませんが、意外と男性は女性が料理を作れることは当たり前のように思っています。彼女の家に遊びに行ったとき、遊びに来てくれた時には密かに手料理を期待しているものです。そんな時に彼氏の期待を裏切ることの無いように料理は日頃の自炊で練習しておきたいものです。

それから、おいしいのであれば言うことはありませんが、大切なのは気持ちです。練習を始めたばかりでへたくそだとしても、一生懸命になって作ってくれるというだけで男性は喜んでくれるものですよ。


欧米で販売数200万枚を突破!フレーバーストーンの詳細はこちら





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)