前回、星座のお話をさせていただいた後編でございます。恋愛傾向というよりも、その星座の本質的な部分についてお話していきたいと思います。


天秤座

協調性があり、バランス感覚に優れていると言われる天秤座は美意識が強く、女性男性問わず周りからエレガントというふうな印象もたれることが多いです。女性の場合は、男性的な部分も兼ね備えており、男性の場合は女性の部分を兼ね備えているというように、男脳女脳の両方を持っている星座なのです。
天秤座の特徴といえば、プライドが高いせいか世間体を気にする傾向が強く。相手に対して積極的に出ることはほとんどありません。いつも受け身の体制というのが自分自身、居心地が良いのでしょう。
しかも相手から一方的に自分の中に踏み込んでこられると、嫌とは断れず、思わず付き合ってしまうという押しに弱い面もあります。結婚観に対しては、早ければいいってものじゃないという意識が強く少し遅めのよう。保守的で環境に左右されやすい性格だからか、結婚すると急に老け込む人が多いのも特徴的です。結婚後も自分の夢を、夢で追い続けるパワーが欲しいと思っているのも天秤座の特徴でしょう。そして天秤座というと、まさに八方美人!誰に対してもソツがなく人当たりもソフトで好印象与えます。相手に合わせているだけというわけではなく、心の中が平和主義者。ですがそれが反対に、周りからは、一体誰の味方なの?など周囲からは非難される結果になってしまうことがあります。好き嫌いがハッキリ言わない天秤座は、こういう場面に出くわすと心が疲れてしまうこともあるようです。


蠍座

さそり座の特徴といえば一言で言うとモテる男子、女子という星座です。
さそり座の特徴といえば、人を引きこんでしまう神秘的な魅力を持っている人が多く、でも実際は意外と地味で生活感あふれる人が多いと言うのが特徴ですね。これは子供を守ると言う保守的意識が、本能的に働いてしまうのでしょう。どちらかと言うと口数が少なく、時々発する言葉に対して重みや鋭さが増してしまうのもこのタイプです。
そして意外ではありますが、12星座中1番結婚に向いているのがさそり座です。特に子供を守ると言う母性本能がとても強いので、男性女性問わず子供が大好きという人が多いようです。

そしてなんといっても恋愛方面では、相手の本質を見抜くのがうまいため、たくさんの人と付き合うタイプではありません。よく蠍座は執念深い、嫉妬深いと言われることが多いのですが、これは紛れもない事実です。
視線が鋭く、あまりしゃべらないという印象を最初にもたれてしまうので、とっつきにくいと思われてしまうかもしれませんが、自分の意見をしっかり持っていて、ただ人間関係が苦手と言うだけなシャイな一面もあるのです。


射手座

正義感が強く、正直者、才能にも恵まれており自分の能力に自信を持っている人が多いのは、射手座の特徴です。特に射手座の女性は、サバサバしておりジョークが通じ、遊びも上手。さらに頭の回転も速くて、人生を結果ではなくプロセスを大切にして生きているようなところがあります。その場その場の雰囲気をつかむのも、巻き込むのもうまいけれど、その状況のまとめ役には向いておりません。思いつきや動作の発想で何でもやってしまうノリの良さは、他人から見て面白く映るか、ただの気まぐれに映るかは自分次第です。意外でもありますが、アメリカナイズされている射手座は、外国人ともすぐに仲良くなれる素質を持っています。恋愛面ではプレイガールと言われるほど遊び上手。そしてしたたかな一面も持っています。 その理由があまり上に流されることがないからとのことです。
天性の楽観主義者とも言われる射手座は、交流関係の幅も広いのでいろんな人間と知り合える機会を得ることのできる正座です。


山羊座

努力や困難、苦労を前にしても黙々と突き進む、それが山羊座の特徴です。 
山羊座の女性は、古風でやまとなでしこなイメージに1番近いタイプだと言われております。固定観念が強く世間体を気にする道徳的な面もありますが。几帳面、真面目と行ったところでは右に出るものはいません。そしてまたプライドが高く忍耐力があり、自我も強くできています。         山羊座の特徴といえばとてつもないエネルギーを秘めている人が多いです。


水瓶座

無鉄砲で反世間的、切れてしまうと1番強いタイプ。それが水瓶座です。人生は己あるべきなんて決めつけられる道なんか全然楽しくない! 12星座中1番の自由至上主義者です。
が強いのも特徴的で個人主義者なので、自分のやりたいことは絶対やり通す。周りに何を言われようとも自分が望む道を突き進む。反対されればされるほど燃え上がってしまうかも?というようなタイプです。
ですが飽きっぽく、人に対しての好き嫌いが激しいキレど、あまり感情表に出さないクールな一面も。
ひとつの場所にじっとしてられないクリエイティブ派です。そしてこの星座は、仕事に対しても感覚を鋭く、合理主義者で、生産性のないものは嫌うといった傾向が強いです。そして、逆境ほど楽しむことができる心の持ち主で、世間一般では大変なことという時代でも、水瓶座の人はそれらを楽しむといった思考に変換することができるのです。でも水瓶座が一番苦手とすることは、大人数の中の1人になること。周りに沢山の人間がいてる場合、自分の殻に閉じこもってしまう傾向が強いので、どちらかというとマイペースに何事もできると言った環境づくりが一番大切のです。


魚座

*精神に溢れている星座が噂です。動作の人の特徴は感覚で物事を捉える非理論的な人が多く、可哀想ないとや目下の人の面倒大変よく見る傾向に強いです。優しくて情の深いところがあるけれど、感情が高ぶってきてしまうとヒステリックになってしまったり、過去を振り返って嘆くことも少々。
そして人間関係のドロドロな部分に巻き込まれやすいのも王様特徴です。芸術的なもの好んで、魚座と言うだけあって海が好きな人も多いのではないでしょうか。自分の世界を大切にして、純粋な感覚をこよなく愛する。情の深さが情念に変わらないように心がけていてほしいと思います。そしてうお座は才能豊かな感覚を持っているため、芸術家やデザイナー画家、歌手などそういった類の仕事が合っていると思います。あくまでも自分の内面エネルギーを大切に守っていける仕事が向いているため、芸術関係に携わる魚座 の数はとても多いのです。





per20130813ames

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)