結婚間際に、恋人のついていた嘘が発覚することがあります。コワイですね・・・

その嘘の中には許せる嘘もあるし、許せない嘘もあるでしょう。その嘘が許せない場合は、婚約破棄になってしまう可能性もあります。許せるか許せないかは人にもよりますけど、嘘を隠していた過程も重要です。そこにやむをえない事情がある場合、納得できれば許すことができるかもしれません。

彼氏についてるあなたの嘘が許されるのか、ぜひチェックしてみてください。



【男子が許せる彼女の嘘 5選】

アンケートを取った結果、男性が許せる恋人の嘘としてあがっていたのは、「処女だった」、「年齢が上だった」、「出身校が嘘だった」、「貯金がなかった」、「昔、太っていた」というものです。
しかし、これは個人差がありそうですね。他人が許せる嘘でも、自分は無理な場合もあります。その人の性格とか、傷つきやすさなどにも関わってきます。また、愛情が深ければ、たいていの嘘は許せるのではないでしょうか!?


■処女だった

経験がありそうなことを言っていたのに、「処女だった」ということでしょうか!?経験を少なく申告するという逆もありそうですが、経験豊富な相手より、経験の少ない相手の方がいいですよね。


■年齢が上だった

女性には年齢を気にする人が多いので、「サバを読んでいた」ということはありえます。年上でも、5歳ぐらいまでなら許せませんか?10歳以上ということになると、嘘というよりそれはもう“詐欺”に近いでしょう。


■出身校が嘘だった

出身校をごまかしていた場合、「出身高校がA校だと聞いていたのに、B校だった」程度なら許せますが、「大卒だと言っていたのに、高卒だった」レベルになると、結婚相手として少し考えてしまいますね。学歴を重くみる人なら、これは許せない嘘に入りそうです。


■貯金がなかった

「貯金がないと言うと結婚できなくなくなるから、黙っていた」と言う人がいます。確かに貯金がないと結婚は難しくなりますが、なくてもなんとかなるんじゃないでしょうか!?


■昔、太っていた

太っていた頃の写真を見せたがらない女性がいます。今、痩せているなら、問題ない嘘だと思います。もっとも、現在太っている場合は、つく必要のない嘘ですけど。



【男子が許せない彼女の嘘 5選】

許せない恋人の嘘としてあがっているのは、「実は、離婚経験があった」、「働いている会社が嘘だった」、「元彼と会っていた」、「合コンに参加していた」、「出身地が嘘だった」などでした。許せないというだけあって、嘘としては重いものですが、事情ぐらいは聞いてあげてもいいのではないでしょうか。怒るのは、その事情を聞いてからですね。


■実は、離婚経験があった

結婚を考えているとすれば、この嘘は重要です。結婚に関わるような嘘をつくべきではないでしょう。特に子供がいる場合は、養育費が発生するので、結婚相手にも重要な内容になってきます。


■働いている会社が嘘だった

有名企業と聞いていたのに、よくわからない会社の社員だったということでしょうか!?さらに、正社員ではなく、アルバイトだったみたいなことであれば、縁切りされるレベルでしょうね。


■元彼と会っていた

「友達と会う」と言っていたのに、元彼と会っていたというものです。恋人が元彼と会うのは嫌だと言う人は多いですから、言えなかった気持ちもわかります。元彼とはすでに友達になっているということであれば、全面的に嘘とは言えませんが、はじめから正直に打ち明けてほしいものです。


■合コンに参加していた

恋人がいながら、嘘をついて合コンに参加してもいいのかという問題です。恋人がいると知っていたとすれば、合コンに誘った方も同罪です。飲み会程度の軽いノリで参加していたというならまだしも、二股をかけるつもりだったのでしょうか、そこを追求したくなります。


■出身地が嘘だった

信じられない嘘ではありますけど、出身地を偽るということになると、何か深い事情がありそうです。出身地がわかるとトラブルに巻き込まれるような例もあるので、その事情しだいでは、許せるかもしれない嘘に入ります。



相手がどんな嘘に怒るのかを知っておくことが重要ですね。なかには、怒りの沸点が低く、ちょっとしたことで別れを考える人もいます。ただ、嘘がバレたときに、誠意を持って謝ることが大切です。逆ギレしてしまうと、嘘の中身よりもその態度で怒らせて関係修復が難しくなります。

その嘘がお互いの関係を苦しめているということもあります...そこが分かっているのであれば正直に話してしまいましょう。気持ちを込めれば許してもらえるかもしれません。









(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)