恋をするのはいいことです。好きな人が居るのもいいことです。しかし、浮気をするのは決していいこととは限りませんよね。でも、付き合ってる彼氏がいても一目惚れや関わっていくうちに好きになってしまうこと、あると思うんです。そのまま本命彼氏以外の男子とも付き合ってしまうことも...

でも、その浮気相手には本命の彼氏がいることを話しておらず関係を続けている、なんて女子もいるはずです。

隠し通すなら徹底的に隠す!というのが浮気の鉄則ですが、ふとした気の緩みで浮気相手に「自分は2番目かもしれない」と悟られてしまうこと可能性も考えておかなければいけません。
また、別のパターンとしては、正直に彼氏や旦那がいることを話しても「彼氏がいてもいい!?」と聞いてくる場合や、なかには「夫がいる」と言われて、それでも付き合える人もいます。その理由は、「たとえ本命がいたとしても、その人のことが好きだから」ですね。
あとは、「自分がいつか1番になる自信があるから、今は2番目に甘んじている」という場合もあります。かなりポジティブな性格の人のケースでしょう。



【2番目の男でもいい!なんていう男性もいる!?】

そ れにしても、「2番目の男でもいい!」なんていう男性、いるんでしょうか!?女性の場合は、「2番目に好きな男性と結婚した方が幸せ」と言われることがあ ります。その理由ですが、1番好きな男性と結婚すると、自分が追いかける立場となって疲れるからです。2番目ならリラックスして付き合うことができると、 そのような意味らしいですね。
男性の場合も、それと同じで、「2番目の方が気楽でいいかもしれない」と考える人がいます。ヘンな例ですが、浮気されても2番目なら、それほど傷つかなくてすむかもしれません。浮気にも落ち着いて対処できるとしたら、メリットとして考えられそうです。



【男子に「自分は2番目の男かぁ」と悟られてしまう瞬間とは?】

デート中に、「自分は本命ではないな……」とわかってしまうことがあります。それはどんなときかですが、周りの目を気にするときなどは、そうですね。

「ほかの男性と一緒にいるところを知り合いなどに見られたら困る…」ということでしょう。

少し離れて歩くとか、手をつながないなど、親しくしているのを誰かに見られたら、浮気していることがバレてしまいます。甘えてくるのがほかの人に見られるおそれのない、二人だけのときだけだとしたら、あなたが2番目の男である可能性が高くなります。自分は1番目と信じて疑わないと、2番目の男だと気づけない場合がありそうです。


■電話に出ない

デート中にかかってきた電話に出ないとき、浮気をしていて後ろめたい気持ちがあるとか、会話すると気づかれてしまうから電話に出ないということもありえます。「誰から?」、「電話に出てもいいよ」などと言ったときに、顔にあせりが見られるなら、本命がいるかもしれません。疑ってかかりましょう。


■話が噛み合わない

デート中の会話で、「先週食べた○○だけど、美味しかったね」などという会話になったときに、自分が食べたことのない食べ物であれば、本命と一緒に食べたものをカンチガイしている可能性があります。
会話の内容で、自分とは違う異性と会っているというのがわかる場合があり、話に違和感を感じたとき、だいたいその予感は当たっています。


■名前を間違えられる

突然、ほかの男性の名前で呼びかけられたら、驚きますよね!?二股をかけている人というのは、このような間違いをしがちです。
ほかの男友達である場合もないとは言えませんが、人というのは好きな人のことはよく話題に出したがるものです。話題に頻繁に出てくる名前があったら、その人に好意があると思っていいです。


■イベントに予定が入っている

誕生日やクリスマスなどは、本命と過ごすのが一般的です。誕生日の場合はかぶることはありませんが、毎年同じ日に断られるなら、ほかの人の誕生日を祝っているかもしれません。
イベント好きな相手なのに、力を入れているイベントに誘って断られるなら、その日は本命と過ごしている可能性が高いでしょう。


■会えない日がある

デートが終わって、次のデートに誘おうとしたら、「その日は都合が悪いから会えない」と言われた場合、自分より優先順位の高い相手との予定が入っていることが考えられます。たまたま都合の悪い日というのは誰にでもありますが、都合の悪い日が多いなら、それは大事にされていないということになります。


※当編集部は浮気を推奨してはおりません。



女性専用のオンライン・カウンセリング【ボイスマルシェ】





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)