いつも、相手の都合の良い時だけ呼び出されるのって、もしかしたら「都合のいい女」??

本当は相手と対等な関係でまじめな恋愛をしたいのに、気づいたらいつも同じパターン。
それって私「都合のいい女」体質なのかしら。

そんなあなた今年こそ、脱「都合のいい女」実現しましょう。


「都合のいい女」

都合のいい女ってどんな女性だと思いますか?
特に決まった定義があるわけではありませんが、男性の都合の良い時だけ呼び出される。
彼女がいない時だけ、暇つぶしの良い相手として呼び出される。体の関係だけ、求められるなどが考えられますね。
女性の側の想いなど全く関係なく、男性側の都合や欲求のみで成り立っている関係はほぼそういえると思います。

誰しも、そんな関係でいいとは思っていないはずです。
望んでなったわけではないのに、気づいたらいつのまにかそういう関係になっていたというのがほとんどなのです。


「都合のいい女」をやめられないわけ

もちろん、本命の彼女ではなくただの「都合のいい女」なら、その関係はやめたいはずです。
問題なのは、相手から「お前は都合のいい女だから」というような発言があるわけではなく、何となく気持ちが女性にあるような素ぶりをしていることなのです。
女性の側からしたら、その男性に何らかの想いがあるわけですから、ずるずるとその関係は続いてしまうわけですね。
女心として、相手の行動を疑問に思ったとしても、いいように解釈してしまうというのが悪循環を生んでしまうのです。

客観的に見れば、どうしてと思うのに当事者としてはなかなかそこから抜け出せないわけですね。


「都合のいい女」をやめるには

「都合のいい女」をやめるには、2つのパターンが考えられます。

1つは、その男性との付き合い自体をきっぱりやめる

2つめは、その男性の「都合のいい女」から「本命の彼女」になる

まず、自分とその男性との関係について、客観的に考えてみましょう。
うすうす危うい関係であることには気づいているわけですから、再度見つめ直すことが大切です。
そこで、自分が「都合のいい女」であると確信したら、まずはその男性と会うことをきっぱりと止めてみましょう。

男性は、急にそうなったことに疑問を感じ、しつこく誘ってくるかもしれませんし、断ったらもう連絡もしてこないこともあるかもしれません。
そこで、すぐに誘いに乗ったり、こちらから連絡してはいけません。
そもそも、「都合のいい女」だったわけですから。
もし、相手に誠意があるのなら何か違うアプローチがあるかもしれません。そのようになったときにもう1度考え直しても遅くはありません。我慢が大切です。

2つめの選択をする場合には、その男性が本当にその価値のある男性か見極めてからがいいと思います。
そもそも女性に対して「都合のいい女」という扱いをした男性なわけですから、また、あなたに対しても、もしかしたら別の女性に対して「都合のいい女」の扱いをするかもしれないわけです。
自分は本命になったけれど、別の「都合のいい女」がいるなんてことになったら、それはそれで苦しい想いをすることになりますから。


「都合のいい女」体質から抜け出すために

「都合のいい女」になってしまう女性には、共通した部分があるようです。

自分自身がなく嫌われたくないので、相手の言いなりになってしまうというところです。
断ったら嫌われてしまうのではと言う想いをいつも抱えているのです。
相手はそんな女性の弱みにつけこんでくるのです。
心の底では、ちょっと違うかなと思っているのについつい自分の都合の良いように解釈してしまうのです。
そして、自分はそれでも幸せと、思い込むことにより納得するのが特徴です。

でも、よく考えてみましょう。そこに本当の幸せはないはずです。良好な関係とはそのようものではありません。
自分で解決できないのであれば、信頼できるどなたかに相談して客観的な意見を聞いてみるのもありです。

あなたのことを本当に思っている方であれば、率直な意見を述べてくれることと思います。
それを素直に受け入れ、もう一度二人の関係を見つめてみましょう。

それから大切なのは、自分の意思をしっかり持って、思いを相手に伝える努力をしましょう。
なんでも相手に合わせていては、楽しくありませんね。
嫌なものは嫌とはっきり言えるような関係が長続きする関係なのです。

すぐには出来ないとしても、少しずつ変えていくことは誰でも可能です。

「都合のいい女」、そんな言葉があること自体女性としては不愉快ですね。

もし、そんな関係で悩んでいるのであれば、すぐに抜け出す努力してみませんか。
新しい世界が開けてくるはずです。







YUUSEI75_dakiaugekisya15214626-thumb-815xauto-12425

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)