自分のことを理解してくれて、味方でいてくれる女友達。家族や恋人と同様に、大切な存在です。でも最初は楽しく過ごしていたのに、時が経つにつれて音信不通になったり、よそよそしくなったり……「気付いたらいつも友達から嫌われていた」という経験はありませんか。

実は自分に悪気がなくても、知らず知らずのうちに友達を不愉快にさせていることがあります。今回は、ずっと仲良しでいるために……友達にしてはいけない失礼行動をご紹介します。

◆時間にルーズ

ファッションやメイクに時間がかかるのが女子。うまくキマらなくて、ついつい待ち合わせの時間をオーバー……。友達は「全然気にしないで」なんて言ってくれるかもしれませんが、内心はイライラしているのが現状。待つ方にとっては5分10分でも長いものです。毎回遅刻ばかりしていると、“だらしがない子”と思われて、信用されない原因になります。

◆主体性がない

「どこに行く?」「なにを食べる?」友達と遊ぶときに、“なにか”を決めることは非常に多いです。そんなときに「なんでもいい。なにがいい?」だと、友達は困ってしまいます。物事を決めるのは大変で、責任感がともないます。それがランチの場所やどこでショッピングするかであっても。「なんでもいい」と言われる度に友達は“どこにしよう。どこだったら楽しんでもらえるかな”とフル回転。一緒にいてもこの子はわたしにまかせてばっかり。疲れるな、楽しくない、と思われてしまいます。

◆相手の悩みを聞かない


自分が悩んだときは仕事中でもLINE、真夜中でも電話。だけど友達から相談の連絡がきたときは「へ〜。そうなんだ。大変だね」と適当に流して、「まぁ、なんとかなるよ」と面倒臭そうにさっさと電話を切るのはNG。普段は親身に話を聞いている友達側からしたら、「わたしは真夜中だってずっと相談にのっていたのに」と距離感を感じます。

◆借りたものを返さない

スマホの充電器やメイク道具、はたまた小銭など、ちょっとしたものを友達から借りることはあります。そのまま忘れて、自分のものにしてしまった……大問題です。相手は“いつ返してくれるのだろう”とずっとヤキモキ。「貸したものを返して」とは言い難いもの。さらに相手は大切な友情に傷をつけたくなくて言えないのに、自宅で自分の充電器を我が物顏で使っているのを見た瞬間、二度と戻れない亀裂が入ります。


◆友達の真似ばかりする

友達が持っている洋服、コスメポーチ、IPhoneケース。「カワイイから、わたしも欲しい!」とおなじものを揃えるのは相手を不愉快にします。せっかく見つけた自分だけのお気に入りをあっさりと真似され、「これカワイイよね」なんて語られた日には、自分のものを横取りされたのと同様の不快感を感じます。

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉がある通り、いくら友達だからといって身勝手に振舞っていれば、相手は去っていきます。
友達の時間を大切にする、ワガママを言ったら嫌われるかも……と恐れずに「新しくOPENしたあそこ行こうよ!」と自分から率先して楽しいことを提案する、友達の悩みは自分の悩みとして親身に向き合う、借りたものはきちんと「ありがとう」と言って返す、「それカワイイよね。素敵だなって思ってわたしも似たようなもの探したの! 見て見て〜♡」と言って、ボジティブな会話を楽しむ。

「ずっと友達でいたい。嫌われたくないから……」と無駄に気を使ったり、緊張感を持ったりする必要はありません。友達といつまでも仲良しでいるためには、まずなによりも“一緒に笑いあい、楽しむこと”がもっとも大切です。そのうえでしっかりと、相手を大事にして、思いやる気持ちを持っていきましょう!

女性専用のオンライン・カウンセリング【ボイスマルシェ】

dd2b2271884efd8e44c9e92126e64107_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)