20代前半のようにキャピキャピするのが許されるわけでもなく、かといって30代後半のように落ち着けるわけでもなく……。

周りからは「アラサー、アラサー」と揶揄をされ、表面では笑っているけれど、内心は年齢や今後の人生に対する焦りも出てくるとき。

でも実はアラサーは、女性が1番美しく見えるときであり、女性が次なる1歩に進むのにふさわしい、大切な年齢でもあるのです。

今回は、アラサー女子になったときに真剣に考えたい「4つのこと」をご紹介します。

■1:転職

いまの職場に満足していますか? 「行きたくないなぁ〜」と思いながら目覚め、就業時間が終わるのをただひたすら待つだけの日々。
はたまたやりたいことと現実のギャップがある。なにかしらいまの職場に「辞めたいな」と思う要素があり、1日に1回、頭のなかに浮かぶのであれば転職を考えてみましょう。
まだまだ社会では女性は不利な存在。年齢が上がるにつれて、どんどん仕事を探すのは難しくなってきます。
アラサーが自分の希望の職場を見つけられる最後のチャンスと思いましょう。
いまの職場で満足するか、それとも新しい世界に賭けてみるか。それはあなた次第です。

■2:結婚

学生時代の友人、職場の同僚、周りはどんどん結婚していく時期。
自分だって結婚したいけど相手がいない……。アラサーになると結婚はもちろん出産に対する年齢への焦りも出てきます。
もしあなたが本当に結婚したくて、子どもも欲しいなら1日でもはやく相手を見つけるにこしたことはありません。
相手がいないのなら今すぐに探しましょう。アラサー女子は男性から見ても1番美しい時期。
友人の紹介、婚活パーティー、1人でBARに飲みにいく、男性と出会える機会を1分でも増やしましょう。
男性からチヤホヤされ、自分が男性を選べる側になれるのもアラサーまでです。
奥手だから……なんて言っている暇は、ありません。

■3:美容

20代前半の頃とはちがい、自分でもわかるくらいに肌に変化を感じます。
1度できると何ヶ月も残ってしまうニキビ痕、目尻にほんのちょっとでき始めた小じわ、少しずつ浮いてくる地図のようなシミ。アラサー女子になると20代前半の頃とおなじようなスキンケアや食生活ではいられません。
クリニックでピーリングを受ける、基礎化粧品を年齢にあったものに見直す、ヘルシーな食生活を心がける。
アラサーのときに培った美意識が、40代、50代に反映されます。

■4:留学や起業など夢を叶える

「海外に留学してみたい」「自分の会社を作りたい」何歳になっても夢というのはあります。
もしも留学や起業など、人生にとって大きな決断となる夢があるならアラサーのうちに叶えましょう。
人間は周囲のサポートなしには、生きていけません。
起業の際は周りの援助、留学などでは道に迷ったとき、わからないときに誰かが手を差し伸べてくれるかもしれません。
しかし年齢が上がれば上がるほど、「このひとは年齢もいっているし、経験もあるだろうから大丈夫だろう」と周りからのサポートが受けづらくなります。
周囲に甘えられるのもアラサーまで。チャレンジしたいことはアラサーのうちにして、多くの経験を吸収しましょう。


微妙な年齢のアラサー。

しかし20代前半のときとは違い「しっかりと自分を持ち」、30代後半とは違い「冒険できる年齢」です。
どの年齢にもそれぞれに魅力がありますが、やはりアラサーの間に、過ごす時間、決断する物事は、女性のその後の人生を大きくかえていきます。

アラサーは自分が望んだ転職、結婚、夢を叶える「ラストチャンス」の時期でもあります。
最後のチャンスを逃さないためにも、悔いのない人生を送るためにも、1分1秒大切に刻んでいきましょう。


未経験でも安心
フランチャイズを探すなら



CSS_mbawosousasurujyosei1292-thumb-815xauto-12521


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)