女性ならだれだって、気になっている男性、好きな男性には「カワイイ」と思われたいですよね。見た目が「カワイイ」と思われるのももちろん重要ですが、出来れば好きな人には、わたし全体を含めて「カワイイ」と思われたい。

でもついつい強がっちゃって素直になれなかったり、恥ずかしくてすましたふりをしてしまったり、なんでこんな風になっちゃうのだろう……と枕を濡らしたことがある女性は多いはず。

わたしもカワイイ女性になりたい……!

実は「カワイイ」って、性格を変えたり、声のトーンをあげたり、上目遣いをしたりしなくても、ほんのちょっとコツで作れるのです。

今回は、“手の使い方”を意識するだけで、男性に「カワイイ」と思ってもらえるモテ仕草をご紹介します。
普段の強がりの姿のなかに、カワイイ一面を見せて、男性を翻弄させてしまいましょう♡


◆バイバイするときは、胸元で

デートでの帰り道、はたまた職場で気になる男性と帰り際にすれ違ったとき、こんなわずかな場面でも可愛さをアピールするチャンス。
女性がよくやりがちな顔の前or顔の横で手をバイバイするのは、実はちょっと老けてみえる、あまり可愛くない仕草。
手を胸元付近にして、小さく笑顔でバイバイするのが可憐な女子に見えるポイントです。
デートの帰り道ならちょっと寂しそうに、職場の気になる男性とすれ違ったときならとびっきりの笑顔で「お疲れさま」といって手を振りましょう。
それだけで男性は、「なんだかあの子カワイイなぁ〜」と思ってしまいます。

◆服の袖口をつかむ

彼氏と出掛けたとき、意中の人とデートにこぎつけたとき、人込みの多い場所へ行ったら彼の洋服の“袖口”をつかみましょう。
洋服の裾部分をつかむ女性は多いですが、後ろに伸びる裾部分よりも、手に近い袖口の方が男性との距離が近くなり、なおかつ図々しくない控えめ感が出るのでオススメです。
触れるか触れないかくらいの手の近さになり、男性をドキドキさせる効果もあります。
このときは、洋服にシワができるくらいにギュッと握るのはNG。親指・人差指でつまむ程度にちんまりとつかむのがポイントです。
「ひと、多いね」なんて言いながら、笑顔で彼の袖口につかまれば、男性は頼られている感満載で「守ってあげなきゃ」と思ってしまいます。
人込みを抜けたあとは、笑顔で「ありがとう」と言って、手を離しましょう。潔く手を離すのもポイントの1つです。
女の子があっさりと手を離したことで男性は寂しさを感じ、狩猟本能を刺激する効果があります。

◆飲み物は両手で渡す

気になる男性と食事に行ったとき、合コンでの飲み会など、飲み物を男性に渡すときって意外と多いもの。
たった一瞬のその時間も絶好のアピールチャンス。
片手でバケツリレーのように無造作に渡すのではなく、店員さんor他の仲間から回ってきた飲み物を一度両手で持ってから、両手で彼に差し出すようにしましょう。
自分が飲むものを大切そうに両手で渡されるのは、好感度UPの仕草。バカなふりをしたり、ふざけていたりしても、たった1つの仕草で無意識のうちに「この子細やかだな。いいな」と思ってもらえます。
あまりカワイ子ぶってやるのではなく、さりげなくやるとさらにポイントが高くなります。

男性に「カワイイ」と思ってもらうには、顔や性格だけでなく“仕草”も重要です。
顔もかわいく、性格が穏やかで話口調もゆっくりで優しい言葉をかけてくれる女の子。でも仕草が乱雑だったらどうでしょう。
足を開いたまま座る、飲み物は片手で飲む、音を立てて食事を食べる……なんだか幻滅してしまいますよね。
逆に普段は強がっていたり、素直じゃない女の子でも、仕草が可愛ければなんだか「守ってあげたい」と思うのが男心です。

カワイイメイク、カワイイファッションと同様に、カワイイ仕草も研究して、男性の心を鷲掴みにしましょう♡






150912426027-thumb-815xauto-19288

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)