男性に誘われて、いざデートへ♡
いっぱい笑って久々にドキドキして「素敵な人だったな〜」とこっちの心はすでにハートになりつつあるのに、あれれ……。その後、一切連絡が来ない!
しびれを切らしてこっちから連絡したら「先日はありがとうございました」と事務的な返事のみ……。

あれ、わたし落選……?

向こうからデートに誘ってきたからといって、それで「やった! 彼はわたしに惚れている。あとはわたし次第!」というわけではありません。いざきちんと会って会話をしてみたら、「思っていた女性とちがった」と音信不通になってしまうことも。

ありのままのわたしを受け止めてくれないなら、こっちから願い下げ! といきたいところですが、1人の男性がガッカリするということは、他の男性もガッカリする確率は高いもの。
そんな風に思われないためにも、日頃から周りをHAPPYにさせるような言動を身につけていきましょう。

今回は、こんな子だったの?男性が内心「ガッカリ……」と思っている女性の行動、言動をご紹介します。

◆タバコを吸う

どんな美人でもバッグからガサゴソとタバコを取り出してプカーッ! と吸い出した途端に男性は「まぢかよ……」と幻滅。よく透明感を売りにしている女優さんがタバコを吸っている姿を週刊誌に撮られて、「ガッカリ」「意外……」との声も上がります。それくらいタバコは、女性の魅力を覆すものです。

現実に男性諸君の意見も「自分は吸っていても彼女には吸ってほしくない」と思っているのが実際のところ。美容や健康にもよくないものですので、吸っているという方は少しずつ本数を減らしていき、やがては吸わないように持ち込みたいもの。またどうしても「やめられない!」という方は、せめてマナーに気をつけましょう。食事の席で吸ったり、歩きタバコをしたり、吸い終わったタバコをポイ捨てしたり。携帯灰皿を持ち歩くなど、マナーを徹底することで男性のガッカリ度を抑制することができます。

◆愚痴をいう

いくら笑顔がかわいくて花柄のワンピースが似合っていても、お喋りをはじめた途端に仕事の愚痴や友人の悪口、さらにお店の料理が「美味しくない」などネガティブなことばっかり言っていては男性もガッカリ。「女性=心に汚れがない」と夢見ている男性からしたら、女性の口から誰かを卑下する話は聞きたくないものです。

ネガティブなことばかり口に出てしまう人は、日頃から相手の粗ばかり目についてしまう傾向があります。これは性格ではなくて癖ですので、ちょっとした心がけで治るようになります。職場の先輩、友人、店員さんなど、出会った人のいい面を必ず1つ見つけるようにして「○○さんのここが素敵!」と心を明るい言葉で満たすようにしていきましょう。そうすることで、好きな男性といるときも、へんに頑張ったり、「これは悪口かな……」など考えたりせずに、自然体でポジティブな話題で盛り上がれるようになります。

◆ノリが悪い

好きな男性・気になる男性とのデート、はたまた男性とデートというだけで緊張してしまう女性は多いもの。でもここは踏ん張りどころです。緊張するから、恥ずかしいからとうつむいて黙っていては、彼も「やりづらっ……」「この沈黙どうしよう……」など、楽しむどころかはやく切り上げたくなってしまいます。もちろん次のデートの確率も格段にダウン。言葉も出せないくらいに恥ずかしくても、出しましょう! そういうときに使えるテクが、相手に質問をするということ。緊張しているときは頭が真っ白になって、自分でもなにを言っているのかわからないまとまりのない話をしてしまいがち。そうなってしまいそうなときは、あえて自分の話をするのではなく、彼に喋ってもらいましょう。趣味の話、休日はなにをしているのか、など、どんどん聞いていきましょう。彼が答えてくれた話にのって「わたしもサッカー好き!」や「休日ってゴロゴロしちゃいますよね」など合間、合間に自分の言葉を入れていけば、彼も自分だけが喋っていると思いません。慣れてきたら、自分を知ってもらうためにも自分の話を織りまぜていきましょう♪

まだ探り探りの状態の男女の関係は、一挙手一投足が大切になってきます。彼に「こんな子だったの?」なんてガッカリされないように、自分の行動をいま一度見直してみましょう!

おススメの通信講座が1万円割引

cb4950c768c58acb7a56294392292366_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)