アラサーMinは最近周りがおめでたい話題づくし。婚約、結婚、妊娠、出産に。どれも経験したことのない独身Minにとって、幸せなようなちょっぴり取り残されたような…嬉しい悲鳴を日々上げています。

特に婚活をしているわけではないですが、結婚願望の強い人に限って空回りしているような?と周りを客観的にも見てみたり。それもそのはず、合コンや街コンなんかよりもずっと身近な人と結婚している例が多数な気がします。そこで今回は、Minの周りの既婚者に結婚相手と出会ったきっかけを教えてもらいました!

①Minの大学時代の友人の場合

大学時代からずっと付き合っているカップルはそのままゴールインする人が多い印象です。大学時代のサークル同士やゼミ同士など共通の友人も多く、飲み会の延長のようなわいわい楽しい結婚式になることが多いですよね!

思い出してはいけない事情なんかもぶっちゃけあったりもしますが(三次会以降に話題に上がったりしますよね…笑)、大抵が付き合いはじめのエピソードなどを皆が覚えていることも多く、結婚前から公認の仲とあってか周りも幸せな気持ちになれますよね。

奥さんか旦那さんがいじられ役だった場合、学生時代以上のいじりを受けている印象があります(笑)

②Minの高校時代の友人の場合

学生時代の仲は接点も少なく、さほど仲良くもなかった…といった相手との偶然の再開。昔の話に花が咲き、お付き合い開始。共通の話題が多いのはもちろん、昔の自分を知っているからこそ気兼ねなく接することができて居心地の良さを感じるためか、そのままゴールイン。といったケースの人も多く見られると思います。

同窓会で一緒に幹事をやることになった、成人式で久しぶりに出会った、町中のお店で接客を受けた相手が昔の同級生だった。偶然の再開の形は様々ですが、結婚適齢期に出会う昔なじみの人って、きっとこれからも共にしていけるような落ち着く相手なんでしょうね!

意外な相手同士の結婚に、彼らの結婚式での同級生同士の再開に更なる花も咲きそうな気がします。

③Minの大学時代の先輩の場合

Minにとってはまだまだびっくりするケースなのですが、ネットで出会った相手と結婚する人も昔より増えてきた気がします。なんといっても、先輩からの結婚報告でもさらりと「出会ったのは婚活サイト」との言葉があり、抵抗のある人が減ってきたことが言えるのではないでしょうか?

先輩の場合、適齢期ながらも出会いの場が実際になかったようで、婚活サイトをはじめてみたようです。婚活サイトは顔や収入など内面ではない「条件」で探せるということは、逆に言えば自分自身も「条件」で探されてしまいます。そこさえ理解していれば現実的な相手を探すことができるのではないでしょうか。

また②のケースと似ていますが、SNS上で昔の同級生と繋がりができ、そのままお付き合いに発展するケースも多々ありますよね。そのままショットガン結婚、なんてケースもMinは知っています(笑)

最後のケースの場合は毛色がちょっと違いますが、結婚は身近な相手とするケースが多いようです。今回の例には上げていませんが、職場結婚も多いですよね!浮足立ったり、自分をよく見せようとしないそのままの姿をお互い長い時間をかけて知っていることで、結婚という選択肢も出てくるのではないでしょうか。

それでは、早くMinも何か面白い事例を書けるように、ちょっぴり婚活も頑張りたいと思いますー!(笑)

本気で結婚したい人のための「婚活」セミナー開催

86a3b23ba01fcf01ca8268b6db5754e7_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)