お独り様が増えているこのご時世に、早く結婚しなくちゃ!と焦る女子は少なくなってきました…。

本当にそう思っていますか?
人間が男と女に分けられたワケは、子孫繁栄のためだけではなく、説明するには何とも難しい、愛する気持ちを学ぶためだと筆者は思います。
出会いがない・好きな人が出来ない、という場合には、無理して恋愛をする必要はないと思います。
ですが、恋する気持ちに自分から蓋をするのは間違っていますよね?
早く結婚しなくちゃ!と焦る必要はありませんが、自分から諦めるのとでは違うというお話です。

最近では、結婚しないという選択肢を持つ人が増えてきたから、結婚に対して焦る必要はないという気持ちも分かりますが、何歳になっても「この人と、共に人生を歩んで行きたい」と心から思えた時のために、心の準備はしておく必要がありますね。

今回は、お独り様の方が楽!わざわざ他人と人生を共にしたって自由がないじゃない?という「一人で何でも出来るもん!」精神を持ってしまっている現代の皆さんに、一人も楽しいけど二人もまたいいかも?と思ってもらえたら嬉しいなと思います。
そして、無理して心を強くさせる必要はないのだという事を、知ってもらいたいと思います。

【独り身が一番だと感じる瞬間とは?】

独りでいる方が楽しいし、楽だもん~と思ってしまうポイントは本当に多くて、社会でも女性の立場が確立されてきたため金銭面でも男性に負けず劣らずとなってきています。
その為、結婚しわざわざ自分で自由に使えるお金を夫婦のお金とするのに対して、いささか不満を持ってしまう女性も多いのではないのでしょうか?

金銭面という以外でも、自由な時間配分、自分だけの空間、などがなくなってしまうのは耐えられない!という人が多くなっているのも事実です。
結婚とは生涯を誓い合った他人同士が、一つ屋根の下で住むというものですからね。

海外では結婚をしていたとしても、別々の場所で自分の道を切り開くというライフスタイルを確立している人達もいますが、我が国日本ではそういった風潮は理解しにくいというのが現実ですからね。
一昔前に、週末婚というドラマが流行りましたが、週末だけしか夫婦の時間を共にしないなんて、結婚生活なんて言えない!という賛否両論の意見が飛び交ったそうです。
もしかしたら、現代人の望む理想の結婚は、週末婚の方があっているのではないか?と思ってしまうほど、自分の時間やお金、空間を重要視しているのです。
その束縛のない、自由がなくなってしまう=結婚生活と思ってしまうのも無理はありません。

現実、結婚=幸せという式は断言できるものでもなければ、反対に結婚をせずに、ずっと恋人同士の方が仲良く出来ているというカップルも存在しています。
結婚に夢を見られなくなってしまったのには、大きな社会問題も関係しているとは思いますが、現代人は自己のコントロール能力が乏しくなってきているために、赤の他人との生活に自信が持てなくなっているのではないか?と感じました。
恋愛下手が増えてきているのも、きっとその理由が一番大きいのではないでしょうか?

【独り身が寂しく感じてしまう瞬間とは?】

一人の時間は絶対に必要、だけど、心から真正面に向き合える存在がいるのといないのとでは、人生に大きな差が生じるというのは誰しもが無意識に分かっていることです。
一人の時間も楽しいけど、二人ならもっと楽しいということがあること位、教えてもらわなくても知っています。
だけど、そういった関係性を築くことが難しく、困難であるため、そうなる前に自らの手でフェードアウトさせていってしまう私達。
そして、結果「やっぱり一人の方が…」という思いに逆戻りしてしまうのです。

だけど、中には心の底から幸せそうで、この人と出会ってよかった!と言わんばかりの恋人たちや夫婦がいますよね。
ドラマの中や漫画の中だけの出来事ではなくて、現実社会に存在していると分かった時、きっと心の底から羨ましく感じる事でしょう。
そして自分の中で言い訳を作るのです。そういった相手に出会えるのは奇跡だ。100人いれば一人か二人だ。私はきっとその99人の中の人間だったのだ。
人と心の底から信頼し、分かり合うのは並大抵のことではありません。そういった努力を怠っているくせに、奇跡だけを望むのは夢見がち過ぎます。

夢を見るのは、その部分ではありません。夢を見るのは相手にです。この人ならと感じる自分の気持ちに夢を見るのです。
独り身が寂しく感じるというよりかは、愛する存在が自分の人生の中でいないのではないか?ということに寂しくなっていくのでしょう。

人と人が愛することに、年齢など関係ありません。
結婚というゴールと思い込んでいる現実に縛られずに、まずは、自分自身が愛を受け入れる体勢を整えましょう。

今回の記事では、お独り様に対しての肯定でも、否定でもありません。
「このまま一人でイイわ!」と諦めるにはまだ早いし、「早く結婚しなくちゃ!」と焦るものでもないよ?というお話です。
結婚=生活という現実は確かですが、どうせなら結婚=愛という式の方が、私達の未来にワクワクを持てるのではないでしょうか?
私は○○と決めつける前に、色々な状況下において、柔軟な心の在り方が大切なのです。



24b1f9ebf0928f664b764722fb5308ae_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)