好きな人と恋人関係になることは、すごく幸せで嬉しいこと。
しかしそれは1つのゴールであり、新たなスタートでもあります。

片思いのときの「あの人はわたしのこと好きかな?」「わたしのことどう思っているんだろう?」という不安から、「わたしのこと本当に好きかな?」「浮気されないかな?」と、不安も別のものにかわっていきます。

それは女性に限らずに、男性も不安になります。

恋人関係になってから出来ることは、ただお互いを信頼するしかありません。
ただし“信頼感”は、「わたしのことを信頼してよ」「わたしは信頼できる人間です」と言葉で伝えても、彼の心の底には伝わらないもの。
信頼感は日々の行動で伝えていくしかありません。

今回は、彼が「信頼できる」と思う女子の行動をご紹介します。
大好きな彼を不安にさせないためにも、「わたしはあなたが大切です」ということを日々の言動でしっかり表していきましょう。


■1:他の男性からの誘いをキッパリ断る

彼氏がいるのに、それを知ってか知らずにか女性を誘ってくる男性というのはいます。
どちらにしても他の男性から食事や映画に誘われたときに「その日は彼氏とデートなんです」とキッパリ断れる女性は、彼の信頼度もUP。
このときに「その日は予定が……」「ちょっと忙しくて……」など濁してしまうと彼の信頼度は劇的に落ちます。
しっかりと“彼氏がいる”というアピールをして、彼を安心させてあげましょう。
また女性の友人からの合コンの誘いなども同様! 「ただの飲み会だと思って」や「人数が足りなくて……」と言われても、「彼氏がいるから」としっかり断りましょう。
信頼を築くのは大変ですが、失うのはとっても簡単です。
たった1つの言動で関係を不安定なものにしないように、気をつけましょう。

■2:自分の意見をしっかり持っている

「どう思う?」と聞かれても「う〜ん。別に……」と意見がなかったり、最初はこういっていたのに、別の人がちがう意見をいったらそれに周りの意見に流されたり。
自分の意見がない女性は、口のうまい男に丸めこまれていつか浮気されるんじゃ……など彼を不安にさせます。
「意見を言ったら嫌われかも……」などは恐れずに、はっきりと自分の意見を言えるクセをつけていきましょう。
「そういうことするはダメ!」とはっきり言える女性は、男性も信頼しやすく、きちんと自分の考えを持っているな、と尊敬されます。

■3:彼のことをよく知っている

コンビニに行ったときに「このお菓子好きだよね」や、手料理を振舞うときに「薄味の方が好きだよね」など、自分の好みをよく理解してくれている女性は、「俺のこと好きなんだな〜」と信頼感がUP。
この他にも出会ったばかりの頃をよく覚えていたり、サラッと言ったことを覚えていてくれたりするのも男性からしたら嬉しいもの。
ふとしたときに笑顔で「こっちの方が好きだよね」など、彼の好みをちゃんとわかっていることを伝えて、彼の信頼度をUPさせましょう。

■4:苦手な人とも仲良くしてくれる

彼の友人や家族など、彼の関わる人の中には「ちょっと苦手だな……」と思ったり、話がハズまなかったりする人が少なからず出てきます。
よっぽど鈍感な人でなければ、それは彼もその場の空気感でなんとなく気付くもの。
しかし、そんな状況になってもむっつりして料理をただひたすらつまむのではなく、必死に場を盛り上げたり、話題を振ったり、笑顔でいる女性は彼の信頼度もUP。
「こいつは絶対、俺が幸せにしなきゃ!」と思ってくれます。彼の大切な人は自分にとっても大切な人、の精神で、彼の周りの人も大切にしましょう。

恋人関係にとって大切になる信頼関係。しっかりと築きあげて二人の関係を揺るぎないものにしましょう!



CON_udekumu8615092102_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)