日常生活の中で職場でのお付き合い、学校、ママ友やご近所さん…色々なお付き合いがあるかと思いますが、どれもたくさんの人と無理をして広く付き合う必要はないのではないでしょうか。

たとえ仕事上の人であっても、子供の親同士のお付き合いであっても、気の合わない人との付き合いは気を遣いますし、ストレスが溜まり、だんだん疲れてきますよね。しんどい思いをしてまで必要以上に集まりへ行ったりして仲良くすることはないのです。

どこにでも、常識外れの人や意地悪、気が強い人、攻撃してくる人や文句や悪口ばかり言う人はいるものです。
それでもどうしても関わらないといけない場合の対処法を紹介します。


▲聞き流す

これができたら苦労しませんよね…なかなか難しいかもしれませんが、「スルーする力」を身につけると、とても楽に交わせることが出来るようになります!
聞き流す。聞こえないふりをする…いちいち反応することをやめます。


▲勝手に言わせておく

「はいはい…また始まったわ」「そうね…はいはい…」と意地悪やイヤミを言ってきても、相手に勝手に言わせておく。「言わせてあげている…」と思えばだんだん気にならなくなってくるのではないでしょうか。

▲アドバイスありがとう!と言ってみる

なにか指摘をされたり、あげ足をとられた時。ただ相手に言われっぱなしは人間ですもの。腹が立つこともありますね。そういった時、「アドバイスありがとう」や「指摘してもらってありがとう。気をつけてみるわね」など、返してみるのはどうでしょうか。「ありがとう」という言葉はあなた自身も楽になります。

▲とりあえず謝る

仕事などで何か言われた時。とりあえず「すみません」、「ごめんなさい」と言ってみる。意外とそれだけで相手は気が済んだりすることもあります。


言われたことを真正面から受け止めていたら大変です。キズついたり悲しくなったり、いつも気を遣ってしんどい思いをしたり。こんなのはイヤですよね。
そうならないためにいつでも、「いい距離感」を持つことが大切です。

相手との距離が近すぎると、トラブルに巻き込まれたり、時には言っていないことを口にした!と勝手に利用されたり…困ったことをする人もいます。それを避けるにも距離は大切にしましょう!

親しくなったからといって自分のことをすべてオープンに話すこともありません。

キライな人がいて、やめてほしいな…と思うことがあった場合、それを個人名指しで言うのではなくて「わたしはこういう人が苦手なの」と言ってみたりして一般論として話す方が良いでしょう。

あと、悪口は一緒に言わないこと。これは人間関係で一番大切なことではないでしょうか。女子がグループで集まっていると、どうしても人のうわさや悪口を言う困った人がいるものです。人の悪口を言っている時の顔、表情ほどブサイクなものはありません。

他人への悪口、意地悪、批判、否定を言っている時の姿は美しくありませんよね。自分のキライな人のことを話していて、自分がブサイクになるのはイヤですよね。もったいないです。人の悪口を言うより、ステキな人の話をしましょう。


いかがでしたか?会いたい人にだけ会う、行きたい集まりにだけ行く。それでいいのではないでしょうか。大人の女性ですから、それらを上手に選んで断ればいいのです。

「お誘いありがとう。でも今回は行けないの。ごめんなさいね。」とやんわり断り上手になったら人間関係もシンプルなものになっていく。
付き合いたくない人がいたら上手に距離を置きます。きっとあなたのストレスが減ります。

適当な距離感をもってお付き合いをして、人間関係をシンプルにしていって、大人の女性になりましょう。



霊感霊視で未来を占う電話占いミスティーライン

CSS_csdesagyousurujyosei1292-thumb-815xauto-12518

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)