出会いのシチュエーションは様々。「いい人紹介してよー!」なんて公言していると、友達から男性を紹介してもらうこともあります。自分を理解している友達が紹介してくれた人だからこそ安心感があるものですよね。

とはいえ自分は乗り気だとしても、相手のテンションが読みにくいのが「友達の紹介」。せっかく自分が好印象も持った男性であれば関係を進展させていきたいものです。自分は完璧のつもりでも、いつどこで相手に幻滅されてしまうかはわかりませんからね…!

男性が幻滅してしまう、恋愛対象に入らないNG女子。今回は恋愛対象に入れてもらえないNG女子を「友達の紹介」をシチュエーションとして考えていきたいと思います。連絡先を交換後、デートに発展していく様子を想定してみました。(前回の記事はこちら)

【LINE編】

・LINEの返信が遅すぎる・早すぎる

テンポ良くやり取りが進むLINE。どんなに忙しくとも、そもそも連絡がまめでなくとも最初のうちぐらいはレスポンス早めで対応していきたいものです。きっと相手の男性も気を使って会話を繋げよう、盛り上げようと頑張ってくれています。そういった気遣いには応えていきましょう。

逆に彼の連絡がまめでもないのに、こちらから送りすぎるのも考えものです。ずっと見てたの?ぐらい早い返信は暇な印象を与えますし、お付き合いに発展したらすさまじい量のLINEが来るんじゃないか?返信が遅いと問いつめられるんじゃないか?と不安を与えてしまうことにあります。

どちらにしても彼のペースに合わせた頻度で連絡は取り合いたいものです。すべてを彼に合わせる必要はもちろんありませんが、相手に歩み寄ることが大切です。

・言葉遣いが荒い

例えば、「やばくねー?」「うっせー」といった汚い言葉遣いはやめましょう。恐ろしいことにスマホには予測変換機能があるので、気をつけて送ろうと思ったのに汚い言葉で送ってしまった…なんてこともあり得ます。LINEは消せませんから、時すでに遅し…といったところでしょうか。普段からの心がけで直していくしかありません。言葉遣いをキレイに治すことは恋愛に限らず役立つ場面が多いので、気になる方は今すぐ取り組みましょう。

【デート編】

・友達の悪口を話す

紹介してくれた共通の知り合いである友達の悪口をお話するなんてもってのほか!ふたりの共通の話題であるからこそ話には登場するかもしれませんが、マイナスになるようなことを言うのはいけません。友達をいじって笑いを取るのも良いかもしれませんが、その場合でも言いすぎには注意しましょう。例え言いすぎてしまったとしても「憎めないよね」「絶対に嫌いになれない」なんてフォローを入れるのも忘れずに。もちろん、フォローで補える範囲に限った話ですが…!

・露出度の高い服を着る

営業と同じです。初めての会社でプレゼンをする際に奇抜な格好で行く方がいますでしょうか?自分の個性はもちろん大事ではありますが、相手に合わせた服装選びというのも大事です。彼との今までの会話の内容や友達からの情報を元に、彼の好みと大衆の好みに合わせた服装を選びましょう。彼にとって連れて歩いて恥ずかしくない女性でありたいものです。

・お酒を飲み過ぎる

緊張をほぐすために…と飲みすぎてしまってはいけません。お酒が好きであったとしても、初対面の相手の前では引かれるほど飲んでしまうのは考えもの。嗜む程度にしておきましょう。「お酒が好き=面倒くさい」なんて思われてしまうこともあります。まして1番最初のデートで大事なのは、「また会いたい!」と彼に思わせること。余韻を少し残して、良い女で終わらせておきたいものです。

「この子良いかも?」と好印象にさせるためには、LINEにしてもデートにしても何事もやりすぎが良くないのかもしれません。恋愛はひとりではなくふたりでするもの。相手のペースに合わせつつ、お互いの関係を築いていきたいものですよね。

恋愛対象に入らないNG女子。今回は「友達の紹介」をシチュエーションに考えていきました。続きまして次回は、出会いから進みましてデートを場面に「映画デート」を想定してみたいと思います。

霊感霊視で未来を占う電話占いミスティーライン 

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)