男女間の問題がオープンになってきた近年、DVという言葉が知られるようになってきました。
DVとはドメスティックバイオレンスの略で、近親者に暴力や精神的苦痛を与えるケースのことを言います。
筆者的にはなんでもかんでもDVっていうのは違うだろうと思ったりもしますが、中には【第三者が見て明らかにおかしな状況】におかれている人もいますので、そういう人には心から逃げてほしいと思います。

けれど、人間って不思議なものですね。

こっちは「おいおい、それっておかしいだろう」と思っていることでも、被害者本人は「ううん、これはカレの愛の証なのよ」「私のことを愛してるからこその行動なのよ」とポジティブにとらえる人もいるんですよね~。もうね、横っ面ひったたいて引きずって逃げてやりたいくらいですよ。

でもね、そんな人も本当は薄々気付いているはず。

私の彼はどこかおかしい】って。

こんな男は異常だよ!DVなんだよっていうのを今から紹介するので、もし、当てはまるようなら逃げちゃってください!
ここで逃げれるかどうかによって、アナタの未来がバラ色か灰色なのかが決まるのですから。


✩ストーカー気質満載、監視男

「誰から着信?」「メールなんて書いてあるの?」「誰とどこに行くの」「なんで返信くれなかったの」などのある程度のやきもちなら仕方ありませんが、しょっちゅうこんな感じでは息が詰まりませんか?これ、監視行動ですよ。
ひどくなってくると、携帯のチェックや一日数十件の着信、友達の選別までしようとするケースもあります。

「愛されてるから心配してくれてる」「愛されてるから自分だけを見てほしいんだ」なんて思わないでください。異常行動です。


✩こんなの愛じゃない!性行為を強要する

性行為を強要するのは、たとえ夫婦であってもレイプと同じような扱いとなります。「付き合ってるんだからするのが当然」ではなく、女性側にも拒否権があるのは覚えておきましょう。まともな男は、愛する人が拒んだら、強要することはしません。

あくまでもお互いの合意がないとするものではないからです。


✩殴るふりでも恐怖を与えたらそれはDV!

DVは身体的な暴力がないと成り立たないと思っていませんか?殴るふりでも女性が恐怖を感じたらそれは立派なDV。
シチュエーションにもよりますが、何度も繰り返される場合はお別れした方が良いレベルでしょう。本当に殴られる前にサヨウナラをした方が建設的だと思います。

ちなみに本当に殴った場合は確実アウト。基本、女よりも男の方が力が強いので、暴力はいけません。
ただ、女性側に言いたいのは、男を口で追い詰めて殴られましたじゃ同情はできませんよ。腕力は男の価値かもしれませんが、口は女の方がうまい場合が多いため、そのケースだと男性にも同情する余地がありそう。ま、暴力はいけませんけどね!


✩言葉の暴力もDV案件です

友人の前で「こいつバカでさあ」など、卑下する言葉を使ってけなす、「ブス!」「のろま!」など人の傷つくことを言う、これらは言葉のDV。モラハラ野郎ですね!
「外で女の悪口を言うのは男のプライドっていうし…」なんて馬鹿なことは考えちゃいけません!そんなプライド知りません。
「だって私、本当にブスだし」「のろまな私がいけないんです」いやいやいや、じゃあ、アナタはその辺の人の欠点を本人の前で口に出すの?おかしいですよね?傷つくとわかっていることを言うなんて。思いやりも何もないですよ。ずーっと傷つけられたまんまで一緒にいる価値あるんですか?そのあたりもよく考えるようにしましょう。


DVって、繰り返しやられてしまうと被害者は精神的に逃げようと思わなくなる傾向があります。それどころか「愛の結果」「私が変わればカレも変わる」「私が悪いんだ」とそこにとどまり続けようとすることも。

でも、そんな関係、不健全なんですよ。
一旦切ってしまえば悪夢のような生活だとわかるのですが、なかなか抜け出すのが難しいんですよね。ですが、勇気をもって一歩進んでみましょう。

カレから離れたら、きっと新たな世界が見えてくるはずですよ!



霊感霊視で未来を占う電話占いミスティーライン

N112_DVcapple-thumb-815xauto-14582
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)