「フレンチレストラン」ってイタリアンに比べて格式が高く、少し敷居が高い感じがするので敬遠している方も多いですよね。でも、王道の「フレンチレストラン」で頂くフレンチは、絶対に家庭では味わうことの出来ない繊細なお味です。昔に比べて、バターや生クリームの使用を控えて、さっぱりした感じになっているので重た~いなんて心配もありません。フレンチならではのお料理を頂きながら、たまには気取ったデートも良いのではありせんか。ご主人と久しぶりに行ってみるのも気分が変わっていいですね。

東京のフレンチレストラン

「カンテサンス」

食べログで1位のフレンチレストラン。なんと4.62という高得点を得ています。ランチでも1万円からと決してお安くはないですが、1度は行ってみたいレストランです。ランチ、ディナーともにおまかせの1コースのみの設定です。旬の素材から構成されるメニューは絶えず変化しているのも楽しみなところです。(何度も通えるわけでもないのですが・・・・・)
岸田シェフがパリの三ツ星レストラン「アストランス」で身につけた最高の技術があらゆるお料理に生かされていて、訪れた人の舌と目を感動させてくれるのです。なかなか行かれないからこそ、ちょっと高級なところいいではないですか。

東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F
http://www.quintessence.jp/concept.html

「レフェルヴェソンズ」

舌を噛んでしまいそうな店名ですが、フレンチというとこちらを上げる方の多いレストランです。リニューアルオープンしたばかりなので、期待も高まります。
フレンチというのは見た目が繊細で楽しめますが、こちらはその中でも群を抜いているのではないでしょうか。クリエイティブと言った感じかもしれません。フレンチレストランの緊張感を楽しむのもいいですね。

東京都港区西麻布2-26-4
http://www.leffervescence.jp/information.html

「ロオジエ」

銀座でフレンチ、素敵ですね。大人になったら体験してみたいと若いころに思っていませんでしたか。資生堂のフレンチとして昔から憧れのレストランとしてあげられることも多く、皆の憧れのフレンチレストランです。フレンチというのは繊細な味を少しずつ楽しめるのがとてもいいところ。他のお料理にはない味わいをどうやって作っているのかしらと思いながら、食べるととても幸せな気分になりませんか。そんなお料理を頂くことが出来ます。素材とソースの組み合わせに舌鼓を打つ、極上の時間です。
銀座という場所柄、華やかな女性も多く煌びやかなお食事時間になること間違いないでしょう。

東京都中央区銀座7-5-5
http://losier.shiseido.co.jp/

「ナリサワ」

海外の方からの人気も高いフレンチレストランです。
ホームページを見るとわかりますが、ナリサワシェフの独特のこだわりはまさに日本人の作るフレンチとして最高の形と成しています。時のしつらい、風景を器にのせてというコンセプトのもとに供されるお料理は驚きと感動の連続をもたらしてくれます。お料理を食べることで、自然の恵み、生命についても考えさせられるそんな時間になるようです。どんな時間になるのかとても楽しみなコースです。

東京都港区南青山2-16-5
http://www.narisawa-yoshihiro.com/jp/openning.html

「レ セゾン」

帝国ホテルのメインダイニングです。クラシカルモダンをテーマにデザインされた店内で本格フレンチが頂けます。格式高い帝国ホテルは足を踏み入れるととても重厚な気分になります。落ち着いたたたずまいで頂くフレンチは、最高の時間となるでしょう。帝国ホテルのサービスは世界でも名高いものですのでそのサービスの質はこちらでも保たれています。本格的な正統派フレンチを頂くのは本当に充実したひと時となるでしょう。記念日には必ずここを訪れるという方が多いのも頷けます。
ランチからでも先ずは行ってみたいレストランです。

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館中2F
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/les_saisons/

フレンチレストランはいかがでしたでしょうか。マナーがわからない、高そうという理由で意外と敬遠されてしまう事も多いのですが、フレンチにしかない味わいというものがあります。和食やイタリアンとは違ったフレンチならではの味わいも時にはいいのではありませんか。素敵な男性にエスコートしてもらって是非行ってみましょう。

【シェ・アンジェロ】

db6be2ed68d25f7624fc63d0e04d2abf_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)