特別に容姿が可愛くなくても、男子から大切にされていたり、モテていたりする女子っていますよね。彼女たちは、ナチュラルにモテる技を身につけています。
その技は、上目遣いをつくったり、甲高い声を出したり、セクシーなことをする必要はありません。男子のツボをついたほんのちょっとのコツで、あっという間にモテてしまいます♡
今回は、そんな男子を惚れさせる「6つのテクニック」をご紹介します。彼女たちの技を真似て、モテ女子の仲間入りをしましょう♪

近くにいって話しかける

オフィスや学校、飲み会の席などで「○○さん♡」と、特に用事もないのに近くにいって嬉しそうに話しかける。わざわざ自分を見つけて、女子の方から声をかけてくれるこの特別感に男子は弱いものです。さらに子犬のように無邪気に笑顔で話しかけにいくと、「可愛いなぁ〜」とも思ってもらえます。


会話のときに顔を近づける

二人でお喋りしているときに、「うんうん」と話を聞きながら男子に顔を近づける。テーブル越しであれば、話に興味があるように身を乗り出すようにして。横座りであれば、男子の顔をのぞきこみ、目をしっかり見るようにして。“あなたに心を許しています”という意思表示である顔の距離の近さは、露骨なボディタッチよりも男子をドキッとさせる効果があります。

話したことを覚えている

男子は自分が話したことを女子が覚えてくれていると喜びます。それが些細なことであればあるほど、嬉しいもの。「この映画を観たいと言っていたよね?」や「○○くんが可愛いって褒めてくれたから、またこのピアスつけてきたよ!」など、日常会話の中の小さなことほどポイントが高くなります。男子が話したことをよく覚えておくのは、モテテクの基本中の基本です。

大袈裟なくらい褒める

男子がなにかをしてくれたときに「さすが○○くんだね♡」「○○くんって頼りになる!」など、大袈裟なくらいに褒めると男子は舞い上がります。とくに男子は、頼られたい、女子を守りたい、と思っているので、自分がした何気ないことでも女子に感謝されると嬉しいもの。さらに「ありがとう」の言葉だけでなく、「さすが♡」など褒める言葉をかければ、「この人は自分を認めてくれている!」と一気に向こうの警戒心を解く効果があります。仲良くなりたい男子がいれば、わざとお願い事をして、大袈裟なくらい感謝&褒めてみましょう。

自分から間接キスをする

女友達同士で「これ一口ちょうだ〜い」など分けっこする文化のある女子とは違い、男子は間接キスにはあまり慣れていません。さらに間接キスの相手が女子ともなれば、「え? いいの?」とドキドキする男子が多いもの。自分の飲んでいる飲み物を「これ美味しいよ。一口飲んでみる?」と聞いてみたり、「それ一口飲ませて〜」とねだってみたり。女子側から間接キスのシチュエーションをつくることで、男子に自分を意識させてみましょう。

体調を心配する

男子が体調を崩して、学校や職場を休んだとき、はたまたSNSや何気ない連絡で知ったときに、「大丈夫?」と連絡して体調を気遣う。女子だけでなく男子も弱っているときに優しくされると嬉しいものです。さらに体調がよくなったあとに「大丈夫だった?」と言って、のど飴や可愛いホカロンなどをあげるのも効果的です。自分が体調悪かったことを覚えていてくれた、さらにのど飴なども買っておいてくれた、他の男子よりも大事にしてくれているその特別感に男子は弱いです。

今回は、そんな男子を惚れさせる「6つのテクニック」をご紹介しましたが、いかがでしたか? モテ女子になるには、わざとらしいブリっ子よりも、日々の生活のなかで男子に特別感を与えて、ドキッとさせることの方が効果的です。モテる技を身につけて、意中の彼をゲットしちゃいましょう♡

日本最大級の恋愛専門電話占いWish【無料鑑定キャンペーン実施中】

150912235990-thumb-1000xauto-19289

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)