「薄毛」気にしているのは男性だけではありません。20代や30代の女性でも悩んでいる人が増えています。女性だって気にしているのです。少しずつ薄くなってきて、ふと気づいたときには大変なんてことにならないように、普段からきちんとケアをしておきましょう。

女性の「薄毛」

最近、地肌が目立ってきた、抜け毛が多くなってきた気がするなど女性にも髪が薄くなる悩みはあります。男性向けの薄毛に向けた商品はたくさんありますが、昔比べて増えてきたとはいえ女性向けのものはまだまだ少ないのが実情です。先ずはどんな薄毛があるのかみてみましょう。

【女性の薄毛の原因】
・加齢
・栄養不足
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・間違ったヘアケア

【女性の薄毛のタイプ】
・頭頂部が薄い
・分け目のあたりが薄い
・頭全体が薄い
・産後の薄毛
・丸型または楕円形に髪が抜けている

「ヘアサイクルについて」

【健康なヘアサイクル】
・長くて硬い髪の毛が抜ける
・1日100本前後が抜ける

【乱れたヘアサイクル】
・短くて柔らかい髪の毛が抜ける
・抜ける本数が目立っている

髪の密度のピークは20歳、太さにおいては35歳がピークです。その後は密度・太さ共に衰えていき30代後半からはうねりも目立ってきます。さらに出産や更年期と言った性ホルモンの崩れが薄毛・抜け毛を悪化させてしまいがちです。

「若年性脱毛症」

若くして薄毛になってしまう原因は、ヘアサイクルが正常に機能していないことがほとんどです。このヘアサイクルが乱れてしまうと、抜ける時期ではない毛が抜けてしまったり、毛が痩せてしまったり、毛穴から生えてくるケン本数が減ったりしてしまいます。そして全体的に髪の毛のボリュームがダウンしてしまうのです。

「若年性脱毛症の原因」

無理なダイエットが影響していることも多々あります。食事により摂取した栄養は、まず生命維持にとって必要な部分に運ばれるため、髪をつくる頭皮は後回しになってしまいます。頭皮に栄養が運ばれなくなると、毛髪を作っている毛母細胞は栄養失調になり健康な髪が生えてこなくなります。また、頭皮の皮脂腺から皮脂が出にくくなってしまい、皮脂が乾燥してしまいヘアサイクルも乱れるため、脱け毛が増えて発毛しにくくなります。

「髪の栄養のための食事」

・タンパク質
髪のもととなる栄養素はタンパク質です。丈夫で美しい髪を作るには、動物性(魚・肉・卵・乳製品など)と植物性(大豆・納豆・豆腐)の両方のタンパク質をバランスよく摂取しましょう。

・亜鉛
亜鉛が不足すると髪の主成分であるケラチンの合成がうまくいかなくなり、抜けやすく弱い髪になってしまいます。納豆・アーモンド・海草類・牛もも肉・豚レバー・ウナギ・イワシ・カキなどの貝類に多く含まれています。

・ビタミンB
ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸などB郡は細胞の代謝を高め、髪の毛を作る毛母細胞の細胞分裂を活性化します。卵・大豆・レバー・緑黄色野菜・カツオ・バナナ・キャベツなどに含まれています。
(出典:REIZVOLL)

「女性のための薄毛対策」

薄毛に悩んでいる女性に共通するのが「頭皮のお手入れ」がきちんとできていない事です。頭皮をスコープなどで確認すると乾燥・炎症・かゆみやフケ、汚れがきちんと落ちていないなどの頭皮トラブルを抱えていることが多いのです。
髪の毛のケアはしていたけれど、頭皮ケアはほったらかしの積み重ねによって薄毛を引き起こしています。
頭皮ケアはホームケアでかなり改善できるのです。70代、80代になっても正しいケアを続けることで薄毛が改善されることも多数あるのです。
毎日のシャンプーの見直しと頭皮用のエッセンスや育毛剤で頭皮の保湿と栄養補給を行う事が先ずは大切です。髪のケアから頭皮のケアに重点をおいて頭皮を健康にして健康な髪が育つ環境を整えることで加齢による女性の薄毛は改善されるのです。
(参考:女性の薄毛・抜け毛・白髪相談室)

女性の薄毛についてお分かり頂けましたでしょうか。様々な原因から薄毛になってしまいます。加齢により仕方のないところもありますが、あまりにも深刻な場合にはクリニックの門を一度叩いてみることも一つの方法です。女性の薄毛専門のクリニックもあります。また、場合によってはウィッグのようなヘアケア製品を使ってみるのも良いと思います。様々なタイプのものが出ているので悩みに合わせて選んでみましょう。

「Be&【ビアンド】ビューティ女性美・神サプリ」

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)