せっかくいい感じになってお付き合いを始めてもうまくいかないの…という人は、自分が彼とどういう風に付き合ってきたかを振り返ってみるべし!

何度違う人とお付き合いしてもうまくいかないという場合は、それなりに原因があるというものです。
その原因は様々ですが、【男女の違い】を女性が理解出来ていないというケースがあるようですね。男性と女性、同じ人間ではありますが、考え方や物の感じ方が違っている場合があるのです。

これは差別ではなく、性差による区別。この性差を理解していないと、お互いが理解しあうことが難しくなってくるため、うまくいかなくなるのです。
男性はどんな時にどのように感じるものなのか、そこを理解し、歩み寄ることで二人の仲を長続きさせることができるようになりますよ。


✩無言は不機嫌なわけじゃない、何をしゃべっていいかわからないだけ

男性に「もう!何か言ってよ!」「いつも私ばかりしゃべってる!」「楽しくないの?」なんて言ったことはありませんか?
男性がしゃべらないのは楽しくないからとか不機嫌だからとかではなく、ただ何をしゃべっていいのかわからないだけというパターンもありますよ。というのも、本来男性は無駄話をするのは苦手。目的のある会話ができればそれで充分だからです。
太古の昔、人間が狩猟採集していたころ、女性は集落で他の女性とコミュニケーションをとりながら木の実を取ったり育児をしていたと推測されます。そこに必要なのは他の女性との綿密なコミュニケーション。

これがないと群れから浮くことになり、子供もろとも生死にかかわる事態に発展する可能性があったと思われます。対して男性は狩りに出ていたと思われます。狩りは命がけ。そんな中、ダラダラと目的のない会話をしていると、獲物に攻撃され死んでしまうことも。この差が遺伝プログラムに残っているから男性と女性のコミュニケーションに差が出るのだと言われています。


✩仕事と私どっちが大切と言われても…

男にとって仕事とは生きるための手段であると同時にやりがいである場合が多いもの。彼女が大切じゃないわけではないけれど、仕事で得られる達成感は捨てがたいものなのです。他のオスよりも認められたい、結果を出したい、これは男としては譲れないほど価値のあるものなのではないでしょうか?
男は生まれた時から競争なんていう人もいますが、きっとそういうことなんでしょうね。


✩女性がなんで急に怒るのかわからない。

男性は女性の怒りに気付かないことが多いです。なので、不満を溜めに溜めた彼女が爆発しても「え?なんで??」とパニックになるだけ。男性にはその都度きちんと伝えなければわかってもらえないことが多いのだということを理解しておきましょう。
また、女性の怒り方と男性の怒り方が違うのも、男性がパニックになる原因の一つかもしれません。

男性が怒る場合、原因を一つに絞り、その原因が解決されたらそれでいい、もしくは「じゃあ次の問題に移ろうか」と一つ一つをわけて考える傾向があるのに対し、女性は「あの時はああだった」「このときはこうだった」と複数の事柄をぶつける傾向にあります。
そのため男性は「え?その問題とこの問題ってどう関係があるの?」「解決するためにはどうすればいいわけ?」「ああ!もうめんどうだ!」となってしまうというわけ。


カレに不満があるときは、こまめに伝え、一つ一つ理論的に話し合うのがベストな選択と言えるのです。どうでしょうか?思い当たることはありましたか?

男性の性質を考えず、自分のペースで行動していくとすれ違いカップルになりがちです。お互いがうまくやっていくためには、お互いのことを理解し、それに合わせた対処法をとることが一番大切なのですよ。

二人で足並みそろえられるよう、男女の性差を意識しながらカレの気持ちに寄り添うようにしてみましょう。






CON_udekumu8615092102-thumb-815xauto-13062
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)