小中学生の頃ならまだしも、生理中の失敗というのは大人になると減っていくもの。とはいえ自分でコントロールするのが難しいため、いくら気を使っていても大惨事に…なんてことはあり得ない話でもありません。

そこで今回は、皆が1度は経験済み?な生理中の大失敗をまとめてみました。誰でも失敗はありますので、ご安心下さい…!

◆ナプキンを持っていなかった

いくらおおよその生理予測はできていても、出先で急に生理になってしまった…!なんてことありますよね。職場に女性が多い環境であれば、誰かが持っている可能性が高いのですが、男性の多い職場であれば言い出すにも言い出せず困ってしまいます。

たとえ、ナプキンを持っていなかったとしても、すぐにコンビニ等で買える環境があれば問題ありません。しかし、レジャー先や観光地では探すのにも一苦労なことも。不安から常に持ち歩いている方もいらっしゃいますが、その気持ちわからないでもないですよね!生理中でもうっかりおうちに忘れて来ちゃった…なんてこともMinはありますので、皆さんご安心を?

◆布団、座席などが血まみれに

寝ている時に生理が来た場合、気付いた頃には布団が血の海に。経血量の多い方であれば、経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。彼氏のおうちにお泊りしている時に来てしまい、うっかり彼のお布団やパジャマを汚してしまった…なんて気まずい状況もあり得ます。

生理が来る時でなくとも、漏れが原因で車のシートや映画館の座席などを汚してしまった!なんてことよくありますよね。特に長時間ナプキンを取り替えられない時などは注意したいものです。個人的に怖くて生理中に白パンなんて絶対に履けないのですが、白パンを経血で汚してしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

◆体調が悪すぎる…

何も経血だけが生理の失敗ではありません。生理痛に伴う体調の悪化。眠気に耐えられず会議中に居眠りしてしまい、注意されてしまった…といった軽めのものから、鎮痛剤を飲み忘れたがために、痛さのあまり意識が飛んで救急車を呼ばれてしまった…という大事になってしまった方まで様々です。

生理時の心身の変化は女性でなければわからないものですし、個人差もあるため訴えづらいものです。とはいえ倒れてしまっては周りも大変な思いをしてしまいます。「生理は病気ではない」なんて昔の人は言うのかもしれませんが、今時は立派な症状だと思います。気まずくとも恥ずかしくとも周りへ助けを求める勇気は持つべきなのかもしれません。

生理中の失敗というと、絶対にしたくない恥ずかしいものばかり。なんだか大人なのに失敗するなんて…と思ってしまいがちですが、誰でも失敗はあり得ます。PMSや生理痛とも合わせて生理に振り回されているような嫌な気もしますが、これから先も生理は付き合っていかなければいけないもの。なんとも上手に付き合っていきたいものですよね…!

毎月のつら~い女性特有のモヤモヤにお悩みの方に!
「女性特有の体調不良」を笑顔でのりきる有用成分チェストベリーを1粒に40mg配合!
★今だけ! 30日分が実質無料★


2da81debd6ddf41a68b44beababb7ae1_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)