あなたは気をつけていても、男性が幻滅してしまう瞬間は一瞬。どんな些細なことであっても、ちょっとした行いで彼の恋愛対象に入らないNG女子となってしまうこともあります。せっかくであれば、「良い感じかも♡」と思った彼とは関係を進展させていきたいものです。そのためには、うっかりボロは出したくないですよね。

男性が幻滅してしまう、恋愛対象に入らないNG女子。今回は恋愛対象に入れてもらえないNG女子をデートの場面から考えていきたいと思います。今回は、よくあるデートの場面から「映画デート」を想定してみました。(前回の記事はこちら)

◆映画予告を見ない

確かに本編ははじまっていませんが、映画予告から映画館の雰囲気はスタートしています。せっかくの彼との映画館デート、雰囲気も盛り上げていきたいですよね!本編に間に合うように館内に遅く入ったり、予告編の最中ずっと話しかけたりするのは周りのお客さんにも迷惑なのでやめましょう。

例えば、面白そうな映画があれば、そこから次のデートプランがはじまることも。たとえ今回の映画がいまいちだった場合でも「予告のあの映画楽しそうだよね!」なんて会話が生まれるきっかけにもなります。どこに話の種は落ちているかわかりませんので要チェックです。

◆携帯をいじる

本人は目立っているつもりはなくとも、暗い館内の中での携帯画面の明かりは目立つものです。更に、映画館内では携帯オフがマナーになっています。マナー違反はやはり印象が悪くなるもの、非常識的な行動は避けましょう。

また、携帯をいじっているのは退屈そうな印象も与えます。「せっかく集中して見ているのに、映画つまんないのかな?」なんて印象も彼に与えかねませんので、携帯はオフで映画は鑑賞しましょう。

◆飲食の音がうるさい

映画はなるべく静かに見たいもの、少しの物音でも耳障りに感じてしまうものです。映画館ではポップコーンなどを食べることができますが、これがまた曲者。意外とこのポップコーンですら迷惑に思っている人もいるようです。とはいえ、せっかくのデート、ふたりで一緒にポップコーンを食べることを否定したりはしません。彼だけでなく他のお客さんの迷惑にならないように配慮したいものです。飲み物のすする音も気をつけましょう。

また、本人は普通に食べているつもりでも、もしかしたら食べ方が汚いかもしれません。食べ方の汚い人は誰にでも好かれないもの。いま一度、自分の食べ方や咀嚼音などに注意を払いたいものです。

◆途中でトイレに立つ

女性はトイレを我慢することができませんし、例えばタイタニックやアバターのような大長編作では行きたくなってしまう可能性もあります。生理現象なのでしょうがないのですが、他のお客さんにも迷惑をかけてしまうことから、無いな…と思ってしまう男性もいるようです。

◆鑑賞中に眠ってしまう

わかるんです、わかるんですよ。いくら彼とのデートがわくわくしていて前日の夜寝られなかったとしても、頑張って最後まで見たいものです。退屈そうな印象も与えますし、映画の内容もうろ覚えになってしまいますし、良いことはありません。まして自分が見たいと言った映画に付き合ってもらう場合は最悪。「見たいって言ったの自分じゃん!」なんて思われてしまっても、しょうがありません。気をつけましょう。

せっかくのデート、ふたりきりで過ごすことのできる貴重な時間です。ちょっとした気の緩みで彼に幻滅されてしまっては悲しいもの。良い感じの雰囲気を台無しにしてしまうのは、あなたのデリカシーのない行動かもしれません。

恋愛対象に入らないNG女子。今回は「映画デート」をシチュエーションに考えていきました。続きまして次回も、デートを場面に「水族館デート」を想定して考えていきたいと思います。



822a6f87e564e4899031866fc45233c4_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)