多くの人にとって“自分を愛する”ということは非常に難しい課題です。
「自分を愛せない人に、他人は愛せない」と言われるように、自分を愛せなければ、友人関係も恋愛関係も、人間関係すべてが、難しくて厄介なものに見えてきます。

しかし「人間関係は厄介だから、他人とは関わらなくていい。どう思われようがしったこっちゃない」とならないのが、自分を愛せない人です。自分を愛することが出来ない人は、心の奥底ではものすごく愛してほしいと思っています。だから悪い男の甘い言葉に引っかかったり、友人の些細な言動に深く傷ついたりします。

「愛してほしい」と泣くその心に、たくさんの愛を贈るためにも。まずは自分に自信をつけて、自分を愛するということから学んでいきましょう。
今回は、自分に自信をつけるための「4つの行動」をご紹介します。

◆鏡を見て「おはよう」を言う

自分に自信がない人は、鏡で自分を見ることが非常に苦手です。居心地の悪さを感じて自分の目を見られなかったり、人前で鏡を見てリップを塗ったり髪型を直したりなんていうことも論外! まずは自分自身に慣れるためにも毎朝起きたら、鏡を見て笑顔で自分に「おはよう」を言いましょう。寝起きのボサボサの髪でも、顔がむくんでいても、ありのままの自分に笑顔で挨拶をしましょう。

◆誰に見られていなくても、きちんとした生活をする

誰にも見られていないからだらしない生活をするのは、自分に自信をなくす1つの要因です。部屋が汚いままだったり、鍋からご飯を食べたり、ポイ捨てしたり。好きな人の前や友人の前ではしっかりしていても、心の底では「ほんとの私はこんなんじゃないのに……」とどこかで引け目を感じてしまいます。
自分が気持ちよく過ごせるためにも、部屋を綺麗にしたり、ご飯は美しく盛り付けたり、ゴミの分別をきちんとしたり。自分で自分を“素敵だな”と思える生活を送るようにしましょう。自分だけで過ごす時間を大切にすることによって、“わたしはしっかりした生活を送っている”という自信にもつながります。

◆やりたいことに1つ挑戦してみる

自分に自信がない人は、なにかやりたいと思ったことができても「わたしなんかに……」という負の言葉が勇気を奪い、諦めてしまいます。まずはなにか1つやりたいと思ったことに挑戦してみましょう。英会話を習ってみたい、会議で発言してみたい、BARに一人で飲みにいってみたい。やりたいと思ったことに、まず一歩踏み出してみましょう。1番最初はうまくいかないかもしれませんが、その一歩はスタート地点から踏み出した偉大な一歩です。最初の一歩さえ踏み出せれば、二歩、三歩も挑戦できるはずです。

◆ヨガに通ってみる

近年、世界中の多くの女性たちに愛されているヨガ。スリムになれるとして人気を集めていますが、本来のヨガは心と体の調和をはかるものです。多くのヨガは上述したとおりにスリムアップを目的として行われていますが、ヨガ教室のクラスの中には、“心”に重点を置いたクラスもあります。「吐く息とともに不安や悩みを出して、幸せや喜びを取り入れるように息を吸う」など、ゆったりとした優しい呼吸とともに、リラックスできる効果があります。ヨガを行うようになってから、自分に関心や自信を持てるようになった、と多くの女性たちが実感しています。

自分に自信をつけるためには、部屋のなかで引きこもっているだけでは解決しません! まずは多くのことに挑戦して、多くの人と接してみましょう。それにより、自分の思考や行動もかわってきます。最初からうまくいく人はいません。「ダメでもともと」の精神で、失敗してもどんどんぶつかっていきましょう。そして、自分とともに思いっきり人生を楽しんで、自分とともに心から大爆笑できるようになりましょう。



1d063d917e416053291eb778c191265c_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)