多くのアラサー女子たちが、今までの自分を振り返ったり周りの人と比べたりすることで、「人生」「ライフスタイル」「生き方」といった、大きなこととも現実的なこととも言える悩みに直面しているのではないでしょうか?

例えば、今の歳から何かを始めるには勇気がいるけれども、何かを諦めるのにはまだ早い…だとか、結婚して家庭を持つことを考えながらも、仕事が楽しくてキャリアも伸ばしていきたい。でも昔よりも徹夜ができなくなったし、生理周期が乱れたりPMSがひどくなったり、などなど。

悩んでばかりで結局前にも進めていないし、何も改善できていない!とイライラしたり、仕事も恋愛も順調なのに何が不満なんだろう?とモヤモヤしてしまったりするのは、アラサー女子が「第二の思春期」だからと言われています。

思春期というと、わかりやすいものだと生理が始まる、胸が膨らんでくるといった体の変化が訪れる時期ですよね。初めて彼氏ができたり、たくさんの恋を経験するのもこの時期です。更には自分の進路について考えて、努力したり挫折したりする過程も経験します。

このように、今までの自分との違いに戸惑い、これからについて悩むのが思春期だとしたら、今直面している悩みは「第二の思春期」だからだと考えることができませんか?漠然としたことを地に足つけて考えなければいけない今だからこそ、更に悩みは深いのです。

【第二の思春期の特徴】

どうして「第二の思春期」が訪れるのか?今直面しているアラサー女子の「今」をまとめてみました。

・仕事が楽しくなってくる

責任ある立場を任され後輩の指導をしたり、活躍の場を探して新天地を求めたり。仕事に余裕ができてきた今だからこそ悩むこれからの仕事について。仕事も楽しいしキャリアも積んでいきたいけど、結婚するタイミングを逃してしまったらどうしよう?これから先、同じ仕事をずっと続けていける体力とキャパシティはあるのだろうか?攻めの姿勢で行くか、守りの姿勢で行くか悩んでしまいがちです。

これは彼がいてもいなくとも同じかと思います。彼がいないからと仕事を優先し続けた結果、気付いた頃には遅かった…は怖すぎる!といった相手がいないお悩みから、彼は家庭に入ることを望んでいるけどもまだまだ仕事はしていたい、彼の転勤はついていかなきゃいけないのか?といった結婚を視野に入れたお悩みまで。きっと選択肢がたくさんあるからこそ、悩んでしまうのかもしれません。

・人間関係の変化

学生時代は仲良かった友人とも結婚や出産を期に疎遠になってしまったり、共通の話題が減ってしまったり。あの頃は同じ感動を共有できたことが、ある日を境にできなくなってしまうものですよね。誰が悪いわけでもありませんが、ちょっぴり寂しい気持ちになります。

友人に限らず親や家族との関係も難しくなってきます。親離れできているはずなのに、自立できていないような気がしてしまったり、お金に余裕ができて、親孝行しているつもりでもこれで本当に良いのかな?と思ったり。自立と共に距離感に戸惑い、親という「人」との人間関係を難しく感じてしまいます。

・出産への不安

男性の結婚と違い、女性は結婚の年齢をどうしても考えてしまいますし、周りにも考えられてしまいます。それは、出産へのリミットを考えてしまうから。もし仕事が落ち着いた頃に結婚できたとしても高齢出産ともなると母子ともにリスクが伴います。

また年齢的な問題はもちろんですが、生理痛やPMSというような出産にも関わる不調から、いざ欲しいと思った時に産めるかどうかも不安に感じますよね。妊活は既婚女子だけのものではないのかもしれません。このまま無理しちゃいけないのはわかっていても、今自分が頑張らなければどうにもならない…なんて悩みもアラサー女子ならではだと思います。

なんだか直面している「今」を考えるだけでため息が出そうではありますが…、はじめの思春期のおかげで今の自分が形成されている、たくさん悩んだおかげで今がついてきている!と考えれば、今の時期悩むことは大切なことだと思いませんか?これからの30代、40代の自分を作っていくための必要な時期なんだと思います。悩んだり失敗したり、今を大切に生きていきたいものですよね!



4916a1a7f121c5c0fda63daea3c9f5e4_s

  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)