彼氏と電話をしていますか?
LINEやメールばっかり……。
電話してもいつもダラダラと喋って終わってしまう……。
そんな方は、電話で彼を刺激する工夫をしてみましょう。

男性は、無駄なことは話さないぶん、“電話が苦手”という人は多いもの。しかし彼女からの電話で「キュンキュン♡」してしまう瞬間があります。今回は、彼が「俺って愛されている!」と感じる電話5パターンをご紹介します。
ときには自分には似合わないと思うような可愛らしい言葉を伝えて、彼をドキドキさせてみましょう。電話は顔が見えないぶん、普段は出せない素直さを表現できる便利なアイテムです。

「体調、大丈夫?」

具合が悪くなったときというのは、女性だけでなく男性も心細くなるもの。そんなときに彼女から体調を気遣う「大丈夫?」という電話がきただけで、彼氏は安心感を得ます。また一人暮らしの彼であれば、お粥をつくりに行ってあげたり、簡単に食べられるゼリーなどを買って持って行ってあげたりするのも◎。男性は強がって「大丈夫!」と言っていても実際は心細いもの。弱っているときにとびっきり甘やかしてあげましょう!

「声が聞きたくなっちゃって……」

彼女からなんの用事もないときにかかってきた電話で「声が聞きたくなっちゃって……」なんて可愛く言われたら、彼氏は「俺のこと本気で好きなんだな〜」と嬉しく感じるもの。LINEのやり取りやデートを決める電話だけでなく、ときには用事がなくても彼氏の声を聞くために電話してみましょう。

「がんばってね!」

仕事が忙しいときや大事なプレゼンがあっていっぱいいっぱいになっているとき、一点集中型の男性は彼女を放ったらかしにしがち。そんなときに「私のことなんてどうでもいいの?」「仕事と私、どっちが大切なの?」と詰め寄られると男性はもうテンパってしまいます。そんなときは「がんばってね」と短めの電話をしましょう。彼女の声を聞いて応援の言葉をもらえば彼もやる気に。さらに寂しい思いをさせているのに健気に待っていてくれる彼女に感謝の気持ちも。無事にこの忙しさを乗り切ったら一緒に旅行へ行こうなど、彼なりにあなたとのプランを考えるなど、離れていたぶんの距離を埋めようとしてくれるはずです。

「会いたいなぁ〜」

電話で何気なく話しているときに彼女に「会いたいなぁ〜」とポツリと言われると、彼氏の心は踊ってしまうもの。電話をして会話をしているのに、それでも直接会いたいと思ってくれることに愛を感じます。「会いたい」と伝えるのは彼氏の負担になりそう、重いと思われそう、恥ずかしい、と敬遠しがちな女性も電話のなかでさり気なく言うのなら伝えられるはず。彼もそんな言葉を聞いたら仕事の疲れも吹っ飛び、そのままお家に来てくれるかもしれません。

「大好き!」

電話は顔が見えないぶん、照れ屋だったり、いつも強がってしまったりする女性も素直に自分の気持ちを伝えられるもの。いつもの電話の切り際にあなたから「大好き!」と伝えれば、彼は新鮮なドキドキ感を味わいます。付き合ってからは「好き」という言葉をあまり発さなくなるものですが、言わなくても伝わっているだろうという気持ちはNG。自分の気持ちは伝えなければ、相手にはわかりません。行動で相手を思っていることを示すのも大切ですが、ときにはダイレクトに「大好き!」と言ってみましょう。

メールやLINEというリアルタイムに文章で会話ができる便利な機能がありますが、相手の声を耳元で聞ける電話はやはり特別なもの。電話で何気なく発した言葉や勇気を出して発した言葉が、彼の愛を刺激したり、より愛を深めたりします。電話という素敵なアイテムを使って、彼をいっぱいキュンキュンさせて、いつまでもラブラブでいましょう♡

 


YUKA863_TEL15184846-thumb-1000xauto-18629

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)