ぶりっ子とモテテクは紙一重。女子には嫌われるモテテクは、男子には大好評……と思いきや、ある程度の恋愛経験があり、女子慣れしている男子にとっては、その行動は“狙ってやっている”とバレバレ。

今回は、男子が内心笑っている女子の勘違いモテテクをご紹介します。そのモテテクは、男子に見抜かれているかもしれません……。


◆上目遣い

モテテクの基本となる上目遣いは、女子を可愛くみせてくれて、なおかつ男子も大好き……と思われがち。しかし実際には、よほどの身長差がない状態での上目遣いは不自然な状況ため、男子側からしたら「あ、狙ってやっている」と冷静に見られていることも。

◆甘ったるい話し方

男子の前では、可愛いと思われたいがために通常の声よりも高く出したり、舌ったらずに喋ったりしてしまいがち。しかし、たいていの男子はその声は地声ではない偽物の声と気づいています。

◆自分のことを名前で呼ぶ

「○○はねぇ〜」と自分のことを名前で呼ぶ女子。なんとなく可愛くて抜けているようにみせるこの行為も、男子のほとんどが「幼稚」「自己演出しているようにみえる」と否定的。許されるのは中学生なんて手痛い意見もあるので、自分のことは「私」ときちんと一人称で呼ぶようにしましょう。

◆天然のふり

喋っているときにわざとトンチンカンなことを言ったり、「え〜。わかんな〜い」と出来ないふりをしてみたり。よほど純粋な男子でなければ、この天然のふりはしっかり見抜かれています。「バカな子」と思われたり、軽く扱われたりしないためにも、天然のふりをしつつも、ときには賢さを出してもいいかも。

◆過剰な露出

男子は女子の素肌に弱いと思われがちですが、胸の谷間を強調したような服や、太ももが露わになりすぎた服など、女性のガツガツした部分が前面に出た過度な露出は、「ドキッ♡」とするよりも「下品……」と引かれます。男子は大胆にみせられるよりも、洋服の合間からちらりと見える谷間や太ももの方が弱いもの。それらを計算して、洋服を選んだ方が勝算は格段にUPします。

◆若作り

女性なら誰もがいつまでも若々しくいたいと思うもの。“年齢なんてただの数字”と言われますが、現実には、年齢にそぐわないようなファッションやメイク、髪型をすると「イタイ女」扱いされることに。若い子のふりをする=モテる、というのは勘違い。年齢にそった美しさを磨いたほうが、確実に男子ウケはいいです。

◆酔ったふり

「酔っちゃって顔があつ〜い♡」と頬に手を当てたり、とろんとした顔でこれみよがしにスキンシップをしてきたり、モテテクの一つである酔ったふり。しかし、女子慣れしている男子であれば、甘えてくるような酔ったふりはすぐにバレます。さらに酔ったふりをして男子に近付くと、軽い女に見られがち。「お持ち返りいけるかな……」と下心を刺激しかねないので、本命狙いであれば、酔ったふりをしてのアピールはやめましょう。

◆露骨なスキンシップ

男子の太ももに手を置いたり、腕をぱしぱし叩いたり、距離が近かったり。スキンシップは男子を「ドキッ♡」とさせるテクニックだと思われがちですが、それは恋愛経験の少ない男子に限ったこと。ある程度、女子を見極める力がある男子であれば、露骨なスキンシップは「うわ〜。狙っている」「飢えている」とみっともない行動として映ります。


今回は、男子が内心笑っている女子の勘違いモテテクをご紹介しましたがいかがでしたか?

女子が「可愛い!」と思ってやっている行動も、男子には鼻で笑われている可能性があります。
さらに、バレバレのモテテクは、男子に飢えた軽い女に見られることも……。なめられないためにも、さらに上級のモテテクを身につけるか、ナチュラルなありのままの自分で接して、「この子はなかなか落とせなさそう!」と男子に思わせるようになりましょう♪


PAK15_cyottoyocatta-thumb-815xauto-15647
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)