身の回りにいる「あの子、素敵なのになんで彼氏ができないんだろう?」という女性。
容姿もいい。スタイルもいい。性格もいい。頭もいい。なのに、なんで?

完璧すぎる女性、レベルが高すぎる女性、なにか1つがズバ抜けてできる女性。これらの女性は、男性からすると「高嶺の花」になり、とても自分レベルの男が近付けるような相手ではないと思われています。逆に素敵すぎて「非モテ」になってしまっているパターンです。

今回は、男性に高嶺の花だと思われている女性の特徴をご紹介します。
「自分にはなんで彼氏ができないんだろう?」と悩んでいるあなた。もしかしたら高嶺の花だと思われているのかもしれませんよ!


◆容姿が綺麗すぎる

高嶺の花の代表といえるのが、容姿が綺麗すぎる女性。会話をするまでもなく、外見から放たれる圧倒的なオーラがあるので、「どうせ彼氏いるんだろうな」「俺なんか話しかけても相手にされるわけがない」と近づくことすらせずに、男性が諦めます。そして遠くから「○○さん、今日も綺麗だな〜」と眺められています。

しかし実際には多くの男性が「俺なんかに……」と思っているため、声をかけてくる男性の方が希少。そんな状態であるため、モテると思われがちな容姿が綺麗すぎる女性に限って、誰からも声を掛けられずに彼氏がいないパターンがほとんど。
子どもの頃から“高嶺の花”で声を掛けられることもほとんどなかったため男性経験も少なく、自分の容姿が綺麗だからと相手にも同様の容姿を求めるわけでもなく。
だから勇気を出してダメ元で声をかけた普通の男性が見事に彼女をGETしたりします。

英語が喋れる

幼少期に海外に住んでいた、学生のときに留学していた。容姿も普通で学歴も普通なのに、英語が喋れるというだけで男性にとっては“高嶺の花”という存在に。

中学校から始まった英語の勉強。「This is a pen」以外は、結局なにも理解できないまま大人になった男子。でもグローバル化が進んだ現代では、職場やプライベートでも外国人と話す機会は多くなってくるもの。
そんなときに職場で外国人に話しかけられてしどろもどろになっている自分の隣で、同期の女の子がペラペラな英語で返答。その姿にポカン。この子は「This is a pen」以外も喋れるのか。ある意味で男性のプライドが傷付いた瞬間でもあります。
「俺は、この子には絶対に敵わない」「この子と付き合っても自分が恥をかくだけ」英語が喋れるというのは、男子をここまで引きずり降ろすことができます。

男性は女性に「すご〜い♡」と思われたいもの。男性が女性を「すご〜い♡」と思ってしまえば、それだけで近付けなくなります。

家がお嬢様

立派な門構えに、玄関までずっと続く長い庭。幼少期からピアノとバレエを習っていました。門限は22時です。いわゆるお嬢様な女性は、本人の容姿・性格など関係なく生い立ちだけで“高嶺の花”に。
「自分なんかじゃ相手の家に認めてもらえない」「俺の収入じゃ、あの子を満足させられない」と男性は自分の家柄や収入と比べてしまい、女性への恋心があったとしても別世界の人間としてその恋心を封印します。
またお嬢様な女性は、身だしなみがきちんとしたり、話し方が丁寧であったり、冗談が通じなかったりと、品が良いです。それらの雰囲気、立ち振る舞いがさらに“高嶺の花”度を上げて、男性を近付けなくさせます。


男性に“高嶺の花”と思われるのは嬉しい反面で、男性が近付いてきてくれないのは寂しいもの。
もし自分が高嶺の花だと思われていると思ったら、自分から率先して笑顔で話しかけたり、ドジをしてみたりして、「自分も普通の人間なのだ」ということをアピールしてみましょう。「なんだ、こんな親しみやすい人だったんだ!」と男性の目も光り輝いてくるはずです。




150912275732-thumb-815xauto-19291
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)