「彼氏が欲しいのにできない……」
そんなときに発してしまうのは、ふてくされてマイナスな言葉ばかり。
しかし、言葉の魔力というのは本当に存在します。たった一言で気持ちや行動、考え方、人生までも変えてしまう力を持っています。
だからこそ無意識に、何気なく嘆いているマイナスな言葉が恋愛を遠ざけてしまうことにも。

今回は、言い続けていると彼氏ができなくなるNGワードをご紹介します。
これらの言葉は禁止にして、ポジティブなワードを発するようにしましょう。

いまは彼氏なんていらない

本当は彼氏が欲しいけれどできない苛立ち、友達カップルが羨ましいけれど自分には彼氏がいない寂しさ。それらの思いから口に出る「いまは彼氏なんていらない」という言葉。
多くの場合、この言葉は強がりで言っていることがほとんど。内心では“素敵な男性が現れてほしい”と思っているはずです。でもその気持ちとは裏腹に、この言葉は縁を遠ざけるもの。

あなたに想いを寄せている男性がいたとしたら、あなたの「いまは彼氏なんていらない」という言葉を聞けば「そっか……」と諦めモードに入るかもしれません。
周囲が「素敵な男性がいるから紹介したい」と思っていても「いまは彼氏なんていらない」という言葉を聞いてしまえば紹介しづらく、「だれかいい男の人いない〜?」と聞いてくる女の子にチャンスが回っていってしまいます。

本当に「いまは彼氏なんていらない」と思っているなら別ですが、もし強がりで言っているだけならその言葉は封印して、「彼氏がいたらいいな♪」「彼氏が欲しいな♡」に変えましょう。
その言葉を周囲がキャッチすれば、素敵な男性が見つかったときに「イイ子いるよ〜」とあなたを紹介してくれるかもしれません。

◆イイ男がいない

彼氏は欲しいけれど、身近に「イイ男がいない」。イケメンであったり、頭がよかったり、お金を持っていたり、オシャレであったり。
イイ男の定義はさまざまですが、夢に出てくるようなイイ男はそうそういないもの。理想が高いのは、彼氏をできにくくする大きな要因です。
彼氏が欲しいのなら、チラッと見て「イイ男がいない」と言うのではなく、周囲をよく見て、相手をよく知るようにしましょう。

ちょっとでも「いいな〜」と思う人や惹かれる人がいたら率先してデートに出かけましょう。そこで相手の魅力が見えてくることがあります。
最初は「なんだかな〜」と思うような人でもいざ話してみたら、エリート大学出身だったり、お金持ちだったりすることもありえます。
または、なにもなくても「この人がいい」と思うほど惚れてしまう可能性もあります。

「イイ男がいない」と嘆かずに、自分が「イイ男にする」くらいの気持ちでどんどん男の人とデートをしていきましょう。

◆出会いがない

恋愛において大切なのが出会い。でも家でゴロゴロしながら「あ〜あ。出会いがない」と言っていても白馬の王子様はやってきてくれません。
学校・職場・友達関係で異性との出会いが期待できない場合、ドラマのように通勤の電車の中、本屋やカフェで異性と出会うことはほとんどありませんので、出会いは皆無な状態。

彼氏がほしいのなら出会いを求めて行動しましょう。
恋活・婚活パーティーに行く、異性と出会えるような習い事に通う、出会いが期待できるようなBARにお洒落をして飲みに行く。
「出会いがない」と言うのなら出会いを探しにいきましょう。

マイナスな言葉はマイナスな行動を呼び寄せます。彼氏が欲しいのであれば、ポジティブな言葉でポジティブな行動を起こすようにしましょう。
明るい気持ちでいることで、男性からも「素敵な子だな〜」と思ってもらえる機会が増え、周囲からも「あんな明るい子だったら、大事な男友達も紹介できる!」と異性と出会えるきっかけも増えていくはずです。
ポジティブな言動でポジティブな縁を生んでいきましょう。

当たると大評判です!
個別占い鑑定iPhoneアプリ


c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)