恋愛対象者、恋愛対象外者、異性に対して大きく分けると二つですよね。
恋愛対象外者とは、友人関係など異性だけど、人間として付き合っている間柄を言いますが、中には「友達にもなる気ねぇわ!」と思ってしまう異性も中にはいます。
自分はそう思っていても、なぜか好かれて好意を持たれてしまう事も時々あります。
そんな異性に何をされても心動かされることは無しに等しいのに、相手は気づかず・・・というカオス状態な経験も女子の皆さんにもあると思います。
今回は、こっちは恋愛対象外にも関わらず、相手がそうでなかった時、ふいにむかついてしまう!というお話をしていきたいと思います。

【興味も無い男にされてむかつくことBEST5】

♦第5位♦

自分のモテ期や誰と付き合ったなどの恋愛話をしてくる男

興味ない男の恋愛話なんて聞くに堪えない・・・そう思っている女子は多いはず。
女子同士の恋愛話となると「こんなとき、どう思う~?」的な相談や同調を促すような内容が多いので、まだ聞くことに対して免疫は出来ています。
しかし、異性と恋愛話をするとなると少しおかしな雰囲気になるか、良いムードを作りたがっているか、俺は付き合ったらこんな男だぜ!アピールタイムだとおもってしまいます。
これが好きな人なら、「こんな時は?」なんて身を乗り出して聞いちゃうようなことでも、興味がない男の話なんて「ふーん」としか思えないのです。

♦第4位♦
俺って、○○だからね~!自画自賛をしにくる男

男の人の会話で、こういった話をしにくる男子を一番嫌うという女子は多く、「男なら何も言わずに!」を貫いてほしいという女子がほとんどでしょう。
自画自賛をする女子が多いのは事実ですが、それを女子がするのと男子がするのとでは大きな差がある!と女子は思っています。
勝手な言い分ですが、男子には周りから称されるような人で居て欲しいというのが理想なのです。
ですので、少しいいな~という位の男子が、自画自賛を始めて来たら底が見えた・・・というような残念な気持ちになるので男子のみなさんは気を付けて欲しいと思います。

♦第3位♦
食事に行った時の割り勘を当たり前の顔をして言いにくる男

これは好きでない男子でも「え?」となってしまう部分ですが、好きな男子でも少し心にひっかかりを感じてしまう部分でしょう。
その理由は、まだお付き合いをしていない男女、そして友情で繋がっているわけではなく、男子が女子に一方的に好意を抱いているという状態なら、男子としてここは頑張るべきところなのです。
「来てくれてありがとう」という気持ちがあれば、払うのは当然でしょ?と女子の意見があるのなら、男子も男子なりに気を使わせてしまうかもしれないからな・・・と隠れた真意があるかもしれません。
ですが、落としたい女なのであれば、そこは何も言わずに払っておくのがベストなのです。
女子自身も、全く興味がない男子だけど、誘われたから行ってみたのは良いモノの、割り勘でお勘定をされてしまったら、「あ~2度といかねぇ」となるのが関の山です。
そして、1回目は男子持ちでも、2回目以降から女子のお財布事情を考慮してみるのも遅くはないという事ですね。

♦第2位♦
今、何してる?というような連絡をしにくる男

連絡交換したのはいいものの、大した用はないのに「今、何してる?」と彼氏気分でLINEや電話をしてくる男子はストレスでしかありません。
ですが、これはタイミングの問題で、毎度毎度してくる男子には「え?彼氏ですか?」と言ってやりたくなります。
一方で女子自身も「ヒマかも~」という時に来る連絡は、自然に返信しやすくなるので、タイミングが悪い男子とはいつまでたっても親密になる事はないのです。
始めは何とも思ってなかったのに、こういう連絡が頻繁に来てしまうと、レスポンスも遅くなってしまうし、返す気持ちになり難いというのが本音でしょうね。

♦第1位♦
レスポンスの対応に文句を付けにくる男

これは2位同様で、「返事遅くない?」「送ってるんだから返してよ」といいにくる男子は論外ですね。
彼氏・彼女の関係性なら話は分かりますが、一方的な好意でしかも「返信しないのは人間性としてどうなの?」的に言われてしまうと、絶対的にその男子との関係は抹消に向かいます。
好きだからこそ、気になる。気になっているからこそ、思わず言っちゃう・・・なんて恋心は自分だけが美談であって、こっちが好きでも何でもなかった場合、ただの不快でしかないのです。

恋愛対象者にはありな事が多いにもかかわらず、恋愛対象外者にはNG行為が多すぎる・・・
ですが、相手が自分の事をどう思っているか?という部分の見極める目をちゃんと持っていると、恋愛対象外者からの恋愛対象者への扉は繋がっているかもしれません。



ikebukuro-seibu120140921143908-thumb-1000xauto-17799

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)