彼はわたしのこと本気? 遊び?
男性といい関係になると、この疑問が必ず頭に浮かびますよね。

とくに男性は口下手で自分の感情を表に出すのが苦手なため、女性を不安にさせます。しかし実は、自分が本命かそうでないかを見極めるのは、難しいことではありません。
男性は無意識のうちにはっきりと「本命」と「どうでもいい女性」をわけているといわれています。彼の行動から、自分への愛をチェックしていきましょう。

今回は、男性が本命女性にみせる行動をご紹介します。もし当てはまったら、あなたは「本命女性」です♡

忙しくても時間をつくる

よく男性は「仕事が忙しくて……」と連絡をおろそかにしたり、デートの予定をないがしろにしたりします。しかし、どんなに忙しくても時間がつくれないということはありません。
「忙しくて時間がない」という男性の言葉は直訳すれば「忙しいときに貴重な時間を割いてまで、あなたに会いたくない」と言っているようなもの。
逆に仕事が忙しくても合間を縫って「○日なら空いているのだけどどう?」と時間をつくったり、または頑張ってあなたの予定にあわせてくれたり。
時間をつくってくれるということは、仕事をはやく終わらせるという大変な思いをしてでも、寝る間を惜しんででも、その女性に会いたいから出る行動。
いわゆる本命女性だから、彼も会いたくてしょうがないということです。

デートの時間を考える

大切な女性になにかあってはいけない……と考えるのが優しい男性です。そのため本命女性であれば、まだどんなに一緒にいたくても安全な時間帯までにデートを終わらせて帰宅させます。
逆に遅い時間からデートの待ち合わせをする男性や、「明日仕事だから……」と言っているにも関わらず終電間際まで「もう一杯飲んでいこうよ」と誘ってくる男性は要注意。

そのなかには遊びではなく「もうちょっと一緒にいたい」「空が暗い雰囲気のいい時間帯に会いたい」という気持ちが隠れており、本命としてあなたのことを真剣に見ている場合もありますが、その男性たちは決して気遣いができる優しい男性ではありません。ほんとうにあなたのことを思ってくれている男性は、翌日の仕事に支障が出ないように、危ない目にあわないように、健全な時間帯にデートを終わらせてくれます。

電話をする

メールやLINEなどの便利な通信手段もありますが、やはり好きな人の声を聞ける電話は特別です。仕事が終わったあと、眠るまえ、休日のお昼など、何気ないときに彼から電話がかかってくる。
無駄なことを話さない男性にとって、電話は面倒くさいものです。そんな男性が用もないのに電話をかけてくるのは、本命女性だからこそ見せる行動。

逆にメールやLINEでばかり連絡がくる、電話をしてもすぐ切りたがる、はたまた電話をしたのにメールやLINEで「どうしたの?」と連絡がきて折り返しがこない、などの場合は要注意です。
電話は面倒くさくて苦手……と思っているのかもしれませんが、面倒くさいことでもするのが本命女性、面倒くさいことはしないのがどうでもいい女性にみせる行動です。

デートらしいデートをする

水族館やディズニーランド、映画館など「THE デート」というような場所へ連れていってくれるのは本命女性にみせる行動です。
そこには彼女に楽しんでほしいという思いと、自分もデートだと思えるデートをして本命女性と楽しみたいという思いがあります。

逆にどうでもいい女性に対しては、いつも居酒屋デートやファミレスデートなど極端なものになります。
また本命女性は昼から待ち合わせをすることが多くなりますが、どうでもいい女性は基本夜からの待ち合わせになります。

男性は本命とどうでもいい女性に対しては、同様に連絡をとったり、デートをしたりしますが、そのクオリティには差がでます。
自分がどちらに当てはまるか見極めて、彼の自分への愛情がパーフェクトなものか見極めましょう。

トレンドの洋服がプチプライズにて販売

f73dafc4cc21916546c127b5b6848843_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)