自分勝手な男、その言葉で全て丸く収まるほど簡単なものではありません。自分勝手な人間というのは、男女問わずどこにいても必ずいるものです。ですがそういった人たちの脳みそは簡単にできており、ただ自分の本能に従って生き、特別自分が悪いことをしていないと考えている人が多かったりもするのです。

だからといって相手に悪気がないのであろうと、私たちは傷つけていいというわけではありませんし振り回されてしまう事実 は許せません。

そしてその自分勝手な男たちは、相手のことを都合の良い女性という風に思うことが多く、自分の思い通りにいかない女性には敬遠し、自分の思い通りにいくかな?という場合、アレやコレやと手を使って、ものにしようとしてきます。
押しに弱い女性が多いので、こんなにも私のことを好きでいてくれているんだ!と勘違いし、彼の手中におさまってしまうというケースがざらにあるのです。

それでは、今回は自分勝手な男を、自分の思い通りにさせる方法と、自分勝手男の特徴をお話していきたいと思います。
初めからそういった予兆があるのなら、避けていい道ですからね。


◆自分勝手男の特徴とは?

自分勝手な男の大きな特徴と言えば、自分のことばかりで女性の立場のことをあまり考えてくれず、自分の気持ちばかりを優先させてしまうような男をいいます。

中には、意識的に自分の欲求を満たされるように言葉や行動で振る舞う人や、理屈などそういった類のもので言いくるめるタイプなど様々です。
この言葉だけで見ると、野心家で、ビジネス社会では実力が認められるのではないかというような頭の差を兼ね備えているよにも感じますが、その言葉通りわがままで自分勝手な自己中男は、社会的評価が高いという場合が多いのです。
それでもやはり、初めから自分自分という部分を出していては、女性から好かれることはありませんよね?

最初はフレンドリーに指摘、自分勝手な人ほど最初はこれでもかというくらいに相手に対し距離感を縮めてきます。
そして小さな頼みごとが多いというのも特徴的ですね。
ですが反対にこちらも頼み事しようとすると、されるのは嫌なのか何かしらの理由をつけて断ろうとしてきます。
そしてどこの悪代官よ!というほど、他人を利用する方法ばかりを考え、自分が得をして相手が損をするという図式を頭の中で常に持っています。ここまで言ってしまえば、少し性格というか人間性になりますが、こういう人とお付き合いする女性は少ないと思います。ですが本来、私たち人間はわがままにできておりますので、その考えに率直であるかどうか、ただ相手のためにと考えられるのであるが、その小さな違いだけだと思うのです。


◆自分勝手な男を叩き直す方法とは?

正直、こういった自分方位の男の人は、自分が相手のことを傷つけているという事は少なからずわかっています。
ですので、喧嘩の時でも、なんでそんな考えができるの?とか、どういった思考回路してるのよ!など、根本的な部分で怒られても、相手は聞く耳をもつことはありません。

相手に対して嫌な思いをさせているかもしれない、といった心が少しでもあるのならば、このような自分勝手な男が存在することは無いのです。
ただこの自分勝手な男が分かっている事は、自分はしたいようにしたいだけ!という思いが強い生き物なのだ。という部分なのです。なので根本的な部分を怒られたとしても、じゃあ別れたらいいんじゃないの?と言う言葉が簡単に出てくるのです。
しかし、女性の方がまだ好きな場合、もしかしたらまだ改善点があるかもしれない。私と付き合って変わってくれるかもしれない。というようにもしかしたらと考えていてしまうのです。
ですがそのもしかしたらという思いが後々自分の首を絞めることになるとは思ってもいない人が多いのでしょう。

こういう場合は、私はあなたから離れることができる。という立場関係を築くことが大事です。
私たちの関係性が幸せでないと感じたら、一旦相手から引いてみる。問題提示を相手にしても聞く耳を持ってもらえないのは、その後の行動がそれでも離れないであろう分かりきっているからです。
ですので、私はあなたから離れることができるという姿勢を相手に見せておくことが大切です。
そうすることで、本当に離れてしまうかもしれないと相手は感じ、自分自身でどうしたら離れないで済むのかという考えを巡らしていくことでしょう。

ですがここで問題なのが、相手自身あなたの事を離れてもいい存在だと思っている場合この方法は、無駄となります。

まずは相手が自分勝手な男だと感じたのは、相手のその部分を認めてあげ、会ってみるのも得策なのかなと感じます。      


未来を知る! 時詠PERSONALカレンダー2015

ikebukuro-seibu120140921143908-thumb-815xauto-17799
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)