全世界と繋がることの出来るソーシャルネットワークサービスは、いろいろな人とのかかわりあいを持つことが出来ると同時に、やはりリスクは掛かってきてしまいます。
ソーシャルネットワークサービスを安易に、自分よがりに使用しようとする人は必ず出てきてしまうので、みんなが楽しく使うことが出来るというのは、少し難しいのでしょう。

ですが、ソーシャルネットワークを出会いの場にしようとする人たちは、まだまだたくさんいるし、男子に限らずに女子の中にもそういった目的で使用する人もいるのですから、自分の身は自分で守るほかありませんよね。


【SNSで気を付けた方がメンズとは?】

♦フェイスブック

一番活用されているSNSはフェイスブックでしょう!というほど、していない人はいないほど世界に普及しています。
そのお陰で、やはり出会い系のように使用する人も多いのがフェイスブックです。
フェイスブックの特徴は、自分自身の出来事や近況などを、友達と共有し、友達の友達など、普通に生活をしていても出会う事のない人たちと繋がることが出来る、プライベートでも仕事でも活用出来、普及率ナンバーワンSNSです。
フェイスブックで気を付けた方がいい友達申請は、リクエストがきた相手の友達リストを確認して、女子しかいない・一部の都道府県だけに限らず女子の比率が多い、という場合はそういった目的でフェイスブックを使用している人が多いので注意が必要です。

そして友達でなくても、メッセージを送ることが出来る機能がついているので、しつこいメッセージを送ってくる人も中にはいるので、その場合はブロックをして相手との連絡手段を遮断することが賢明です。
写真をアップする際も、他の誰かが写真を保存できるので、自分の顔写真などをのせる時は、全体に表示ではなく友達だけにしておくなど、自分自身も守る方法はちゃんと理解しておくことでしょう。悪用されてもおかしくない時代ですからね。

♦ツイッター

ツイッターで出会いを求めるのは、フェイスブックなどよりも難しいと思いますが、ツイッターの場合はオフ会などのフォロワー同士で集まる機会があるので、そういう場合は女子なら気を付けた方がいい場面ですよね。
そして、なりすましなどが存在しやすいのもTwitterの特徴で、自分の写真を誰かがアップしているなど、悪用率も高くなっているのは少し問題点だと思います。
全く知らない人と繋がることが出来るのもツイッターの特徴で、SNSの中でも自己満足かんが強いものではありますので、直接的に出会いの場にすることは少ないと思います。

♦インスタグラム

インスタグラムは写真を投稿し、それらを友人同士で共有し合うだけと思っている人も多いですが、インスタグラムでも直接的にメッセージを送ることが出来るようになったので、写真の共有目的だけでなく、「かわいな」とか思った相手に気軽にメッセージをおくることができるのです。
そして、フェイスブックよりもあまり危険な事がないと思いがちな人が多いので、リクエストも簡単に承認してしまうことから、LINEのID交換などを強要しに来る人が多いのです。
SNS内でも、一番世界と繋がっている感が強いので、日本だけでなく海外の危なっかしいメンズからも申請が来る場合があるので、その部分でも注意しなければなりません。

このように、SNSが私達の生活を大いに潤してくれて、楽しさを与えてくれているのは確かですが、その分リスクも伴っているという事を忘れてはいけませんよね。
どうせインターネットの中の世界と思っているかもしれませんが、安易に考えて行動してしまった結果、大変なことになったという人もいるので、人ごとにかんがえてはいけません。


【リアルメッセンジャー】【姉ageha7月号掲載決定!】

C812_moromiejyanaika-thumb-815xauto-15095
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)