「思いやり」とはどういった言葉や行動のことでしょうか。「親切な気持ち」「他人のことを考える」ことだけでしょうか…?

他の人を援助する、親切にする、また他の人から報酬を得ることを目的にしないことや、自発的にされることなど…考えれば他にもいくつも思いつくのではないでしょうか。つまり、「見返り」を期待しない、ということですよね。
当たり前のことですが、人が嫌がることをしないことや相手にとって良いことをしてあげることも大切です。
思いやりのある行動や言葉、マナーを知っていて、それを自然に相手にすることができる女性は大人です。魅力的ですよね。

日々の生活、仕事や家事、習い事…本当に毎日がいっぱいいっぱい!忙しくてこういった小さなことを考える余裕がない!という人も多いのではないでしょうか。
知らず知らずの間に人のことを雑に扱ってしまっていたり、また自分自身が他人から粗末に扱われていたり…こういったことはないでしょうか。ですが少し立ち止まってまずは自分が「思いやり」のある行動や言動がとれているか?意識して考えてみませんか。

ビジネスでもなんでもそうですが、「ホスピタリティ」はすごく重要ですよね。
「おもてなし」する「心」。おもてなしする側も、される側も愛のあるものでありたいですし、マナーや思いやりのあるもので常にお互いが気持ちのいいものでありたいですよね。

大抵自分がされて嬉しいことは相手も嬉しいはずですし、また逆に自分がされて嫌なことを他人からされたらイヤですよね。

ですが、ただ相手に同情したり親切にする…といったことではなくて相手のことを知り、よく観察してから行動を起こすようにする。分からない場合は相手にどうしてほしいか聞いてから行動にうつすというのはどうでしょうか。
相手にどうしてほしいかを聞くの?そんなの失礼じゃない?ちょっと聞きにくいわ…と思う方もいるかもしれませんが、案外できるものですよ。聞き方が分からない人は、こういった感じはどうでしょうか。

「なんかしんどそうだけど大丈夫?こういうとき、どうしてほしい?」「そっとしておいてほしい?それとも話を聞いてほしい?」などです。相手は自分のことを気にしてくれていると分かり、嫌な気はしないでしょう。

例えば…人が悩んだり苦しんだり悲しんでいる時…そっとしておいてほしい人もいれば、ひたすら自分の話を聞いてほしいという人…または共感してほしい人や的確なアドバイスが欲しい人など…さまざまな人がいますよね。
きっと◎◎だろう、だからこうしよう!と勝手な自己流の想像でやってしまうとそれが実は相手には押し付けっぽく感じてしまったり、返ってしんどくなる場合もあるからです。
ですから相手に「聞く」のがおススメです!本当に相手が望むことを知り、それをしてあげることができたら良いですよね。これも「思いやり」なのではないでしょうか。

普段何気なくしている挨拶の仕方、あいづちの打ち方、話し方、笑い方…これら一つ一つを丁寧に行うことだけでも人間関係は円滑になるのではないでしょうか。今日からこれらのことを少しでいいので意識してやってみましょう♪
両親、祖父母、子供や夫、パートナー…まずは身近な人や自分の大切な家族に対して「思いやり」のある行動、言動で接してみてはいかがでしょうか。

身近な人に思いやりのある言葉と行動で接していく。そして自発的に!決して無理のないようにやっていきたいですよね。ぜひここから始めてみましょう!


いかがでしたか?本当の「思いやり」のある心で、優しい大人の女性を目指していきましょう♪




AL101_natuin0420140830001-thumb-815xauto-17554
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)