誕生日や二人の交際記念日、昇進祝いなど、彼とともになにかをお祝いする機会は多いものです。でもいまいち感動が生まれにくく淡白なものになったり、月日が経つとお祝いの方法もワンパターンになったり……。

彼と過ごす、大切な記念日。毎日あるわけではないその特別な日を素敵にセッティングして、彼がもっとあなたのことを大好きになっちゃうようにしましょう♡
今回は、彼との記念日にできる「3つのサプライズ」をご紹介します。

◆手紙を書いてみる

普段は恥ずかしくて言えない気持ち……“感謝”や“大好き”という気持ちを手紙に込めてみましょう。人間というのは心で思っていても、言葉に出さなければ伝わらないもの。誕生日や交際した日など、大切な日だからこそ“ありがとう”の気持ちを込めて伝えていきましょう。
また彼が昇進したのであれば「いつもお疲れさま。よく頑張ったね」など、苦労をねぎらってあげるのも◎。手紙は何ページも書かなくても、たった一言メッセージカードを添えるだけでも、彼はジーンっとくるはずです。

◆彼が行きたい・欲しいものをリサーチする

日々のデートはついつい女性の行きたい場所や食べたいものを優先させがち。だからこそ誕生日や昇進祝いなど、彼が主役となるときはいつものお返しを込めて盛大にいきたいところ。そしてやはり彼女の希望が優先される二人の交際記念日も、ここはあえて彼にサプライズもしたいところ。

事前に「どこに行きたい?」「なにが欲しい?」と聞くのは、最初から「ここに行くのか。これがもらえるのか」と彼に正解がわかってしまい、喜びが半減します。日々の生活のなかで、彼が行きたい・欲しいものをリサーチして、サプライズで喜ばせましょう。

テレビを観ながら「ここ景色い〜ね」と言ったこと、ショッピングデートをしたときに彼がジーッと見ていたTシャツ。日常のなかでアンテナを張ってリサーチしていきましょう。当日サプライズで連れていくとき・贈るときに「あのとき、『景色い〜な』って言っていたでしょ?」「ずっとこのTシャツ見ていたでしょ?」と言えば、“俺が言ったこと(したこと)覚えていてくれたんだ”と心が感動でいっぱいになるはずです。サプライズは、彼の心をつかむ究極の技であるということを覚えておきましょう。

◆キャンドル&音楽でロマンティックなディナー

記念日やお祝いは外食をする、というカップルは多いですよね。でもたまにはあえて自宅でおもてなしをするのも◎♪ 日頃忙しい彼にとって、堅苦しいレストランにいくよりも、彼女がつくってくれた手料理でゆっくり過ごせる時間の方が意外にも癒されるもの。また女性自身も、女子力の高さをアピールできる絶好のチャンスです。「自宅なんて特別感がないし、ロマンティックじゃない」と思いがちですが、ほんのちょっとのコツで特別感とロマンティックさは演出できます。

★料理を大人っぽいものにして特別感を……

普通のハンバーグではなく、煮込みハンバーグにする。パスタもミートソースではなく、サーモンや生ハムを使用したものにする。サラダに砕いたナッツやチーズをトッピングするなど。おなじ料理でもチョイスが違うだけで、一気にオシャレな雰囲気になります。またお皿もキャラクター物でなく、デザイン性のあるものにするとさらにテーブルが栄えます。FrancFrancやZARA HOMEなどのインテリアショップには、可愛いカトラリーも扱っているのでチェックしてみましょう♪

★キャンドル&音楽でロマンティックに

素敵な料理も揃ったところで、今度は雰囲気をつくっていきましょう。部屋を薄暗くしてテーブルにキャンドルを灯したり、落ち着いた音楽を小さく流したり。それだけでロマンティックな雰囲気になります。(洋服が脱ぎっぱなし、メイク道具が床に投げ出されっぱなし、では台無しなので、事前に部屋をきちんと掃除して生活感が出ないようにしましょう)
最後に赤ワインを置けば、彼もびっくりするくらいの特別感とロマンティックさが溢れる空間になります♡

なにかをお祝いするときには、“お祝いしてあげている”という気持ちではなく、自分自身の「いつもありがとう」「おめでとう」「お疲れさま」を表す大切なものとして企画することが重要です。そのまっすぐな気持ちは間違いなく彼にも伝わり、自分も「もっとこの彼女を大切にしなきゃな……」と思ってくれるはずです♡

My Little Box

a1f1abd949fc4a8bd25331b2fe4c9a7e_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)