女の子は結婚に夢を見ます。多分男子が思っているほど、安易に考えているわけではありません。
結婚で人生が変わるなんて大袈裟な言い回しだと思われるでしょうが、名字がかわる、環境がかわる、大好きな人の法的な伴侶となる。

お付き合いのゴールを結婚だという女子が多いのは、好きになった時「きっとこの人なら・・・」と思いに胸を膨らませるからでしょう。
今、付き合っているからって結婚に繋げるものでもないし、時期やタイミングなど揃えば、結婚しても良いと思う。という男子が多いのは、やはり人生に乗っかる方と、乗っかられる方の大きな違いなのだと思います。

そして、女子は結婚したらどうしたいか、どんな二人になりたいか、どうなっていきたいか、そういった事を想像させ、結婚に繋がらない時間の無駄のようなお付き合いは、極力避けていき年齢と共に結婚率が格段に下がっていってしまうのでしょう。

アラサー世代になり、まだ結婚しないの?なんて周りに言われることが増えてきますが、それと同時に可笑しなオプションもついてくるのです。
「きっと理想が高いから、結婚までいけないんだよ」と。
この回答は間違ってはいないし、年齢と共に恋愛偏差値はかわることがないのに、理想はどんどん膨らんでいき、最終的にはドラマや映画のようなシーンでないと!と考えていってしまうのは、女子の性というものなのかもしれません。

結婚をしたいと願う人の多くは、結婚自体に憧れを抱いている場合が多いので、いざ結婚をした時相手の行動や言動に嫌になる人は多い事でしょう。
だって、結婚がしたくて、その夢は叶って、その後に望むものを考えずに求めたのですから、当たり前っちゃ当たり前の話なのです。
今回は、結婚に夢を見るのであれば、「見過ごせる女」になった方が自分自身幸せになれるかもしれない・・・というお話をしていきたいと思います。

【見過ごせる女とは一体?】

言葉だけで聞いていると、見過ごせる女とは相手の都合のいい女というイメージが強くなってきてしまいますよね。
ですが、筆者の思う見過ごせる女とは、全てをふるいに引っ掻けてしまうと、お互い息が詰まってしまうから、自分の中で抜粋し、区別することが出来る女ということなのです。

女子は男子が思っているように、ヤキモチや束縛が激しい人が多いです。
女子の言い分によると、不安にさせる男子が悪い!という根本の思いがあるので、悪びれも無くヤキモチや束縛を全面的に出してくることでしょう。
ですが、男子からすると、女子には考えられない出来事でも、男社会にはありえる事もあるので、女子の言いなりになってしまっていたら、社会でいきていくための足かせとなってしまう恐れがあるのです。

例えば、仕事はいつもの定時で終わるはずだったのに、いつもよりも遅い・・・女子はきっと電話をかけることでしょう。
男子は急きょ行かなくてはならない用事があるのかもしれません。ですが、連絡が出来ない場合もあるのです。
簡単なお話ですが、男女のケンカにはよくあるパターンですよね。
そんな時に、彼女の心に余裕がなかったら、「何してたの?」という言葉からケンカはスタートしてしまうでしょう。
見過ごせる女とは、相手の行動を単発的に判断するのではなく、全体的に見て、判断できる女であるべきだと思います。

不安になったからって相手にそのままをぶつけるなんて、子供がお母さんにわがままを言うのと一緒なのではないでしょうか?
相手に甘えているからこそ、自分の不安を取り去って!なんて、これから一生人生を共に歩もうとする相手なら、先が思いやられてしまいます。
見過ごすべきことと、見過ごしてはならないこと、この二つを分別出来る事が、結婚には大切な事なのだと感じました。

恋活パーティーは【Rooters】

8fd0aba3dc1c9491b64823056e2ab1ca_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)