女の子は男の子と違って、人から嫌われたくない意識が強い生き物です。ですので、良い顔をするという行為が多いのが女子には圧倒的に多いです。
相手を自分の虜にしてやろう・・・というような悪女的な計算というよりは、ただ好かれている方が自分にとっても居心地がいいからというような簡単なもの。ですので、男子が思わず勘違いしてしまうようなセリフを、女子は口にすることが出来るのでしょう。

今回は、「思わず勘違いしちゃうだろ!女子がいう思わせぶりなセリフ」というのもまとめてみました。
ですが、そんな女子の中でも、思わせぶりではなく本当に好意をもって言っている場合もあるので、そこは自分の見る目を養うしかないので、ご了承くださいね。

【勘違いしてはダメ!男が勘違いしやすい女子の言葉とは?】

♦私は嫌いじゃないけどな~

「私は」という言葉には、それは、それはとてつもない影響力があって、相手がもしもチェリーボーイな純朴少年だった場合、この言葉で「あれ?もしかして俺の事好きなのかな?」と思ってしまうほどです。
例えばこういった会話が始まりやすいのが「俺、こーいうところダメだね~」「そう?私は○○君のそういうところ嫌いじゃないけどな~」です。
日常の会話としてならよぃあるお話ですが、これが男女の会話となると、その場の雰囲気や言われた側の思いは変わってきてしまいます。しかも女子はこういう事をサラッと言えちゃう人が多いので、知らない内に相手の心の起動ボタンをぽちっと押している可能性が高いのです。

♦○○君それにするの?じゃあ私も真似しちゃおッ

ただ単に同じものが被ったと捉えるか、わざわざその言葉を言う意味をと考えて悶々とするか・・・男子は必ず後者でしょう。
こう言う会話は合コンなどの飲み会の場で良く聞く会話ですよね。これは、ある意味女子達も確信犯的な部分があるので、相手をどう思っているかはグレーな所。
ですが、男子に愛嬌を振りまくことがしみついている女子は、当たり前の会話の中にインストールされている言葉なので、大した事は思っていないなんて事もあり得るので気を付けておきたい所ですね。

♦本当に、○○君は優しいね~

この言葉は、本心とかお世辞とかそういった類のモノではなく、女子に対して優しさを見せることが出来たら、いただけるお褒めの言葉です。ですので、優しい=好きという式は女子の中で備わっているモノではありません。

♦本当に?!すっごく嬉しい!!

嬉しい感情を前面に出してくれると、男子もその気になってしまうのもわかります。
ですが、自分の為にしてくれたということが嬉しいのであって、あなたがしてくれたから嬉しい!というわけではないのです。女子は好きな男子にも言ってしまう言葉なので、どの部分で見極めるかは、次の会話にかかってくることでしょう。

♦今日楽しかったね!また誘ってね!

これは絶対に脈ありでしょう?と男子は思うかもしれませんが、もしも彼女があなたに好意を持っているのであれば「今日楽しかったね、また遊びに行こう!」とか「空いている日教えてね」などの、次回が近いというのも匂わしてくるはずです。彼女自身も早く、また会いたいと思うのでしょうから、相手から誘ってくるのをじっと待つという行動はとりにくいのです。

♦いや~私モテないからさ~

この会話は誰も「私モテないから、あなたが私を貰ってよ」という意味ではありませんよ、男子の皆さん。
ただ、「そんなことないんじゃない?」などの否定の言葉を望んでいるだけのセリフです。女子の中では、否定して欲しいが為に自分の事を卑下する女子も居ますので、そういったタイプの女子の言葉はいちいち真剣に捉えていたら身が持ちませんよね。

♦聞いて~彼がね!こんなこと言うの・・・

彼氏アリの女子が、彼の愚痴を他の男子に言うということは珍しいことではありません。
中には「○○君みたいな彼だったらよかったのに~」と一言入れる女子もいます。これが男子の勘違いスイッチを押してしまうセリフなのでしょう。
ですが、ちゃんと聞いてみて下さい。○○君みたいな人、というニュアンスを女子は多用してきます。「みたいな」という言葉はあくまでも「そのような人」というだけであって、あなただ!と断定していっているわけではないという事です。

このように、女子のセリフには何通りもの思いや思考が隠されている場合が多いので、その言葉に一喜一憂していたら少し疲れてきてしまいますよね。
女子自身が思わせぶりな言葉を吐いていることを自分自身理解している場合が多いので、男子が無意識にそういった言葉を口にすると、「それって、どういう意味で?」と鋭いツッコミが入る事があるのです。


未来を知る! 時詠PERSONALカレンダー2015

150415122579-thumb-1000xauto-19426

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)