通勤に通学に毎日電車を使う方が多いですよね。朝のラッシュアワーともなると、どの路線も車両も満員電車。それだけでも憂鬱なのに、女子にとって更に憂鬱な気持ちにさせるのが痴漢の存在。最近では女性専用車両もありますが、女子であれば痴漢の被害にいつあってもおかしくはありません。

例えば、Minの場合。最近アラサーにして痴漢にあった時、まさかのスッピンでした。確かに後ろ姿には顔は見えないものですが、本人は気を抜いて油断していても、「女子」として見られていることってあるのです。

そこで、もし痴漢にあった時。
気の強いMinでも、結局のところ通報せず野放しにしてしまったので、か弱い女子の皆さんであれば尚更言い出せないのではないかと思います。今回は、痴漢にあった時の撃退方法をお話していきたいと思います。嫌な思いをしたのに泣き寝入りはあんまりです。女子の敵は、自ら撃退していきましょう!

◆スマホを使って周りの人に知らせる

痴漢にあった時、被害を受けていることを言い出せない女子が多いのではないかと思います。そこでご紹介したいのが、声を出さずに周りの人に被害を伝える方法。
特に満員電車の場合、人と人の距離は近いですよね。それを利用し、痴漢されていることをスマホに書き込み、周りの人に見せるようにして痴漢の存在を周知させましょう。最近では痴漢撃退用のアプリもあるようですから、使ってみるのも良いかもしれません。

痴漢はあなただけの敵ではなく、皆の敵です。勇気を出して、行動してみてください。

◆相手を睨みつける

痴漢されていることが確定した場合、振り返って相手を睨みつけてみましょう。この時、痴漢に対する恨みつらみを考えて険しい表情を出したいもの。末代まで祟る勢いで睨みつけて構いません。
そもそも言い出さないことを良いことにつけあがった痴漢ですから、確実にビビるはず。これ以上に相手が手出しできないように自分の身は自分で守りましょう。

更には、急に相手を静かに睨みつけるようなことって常軌を逸していますので、周りも痴漢被害に気付くのではないでしょうか。

◆思い切って声を出す

本当は、これができれば問題はないんです。痴漢は犯罪ですし、悪いのはあなたではありません。恥ずかしいかもしれませんが、悪いのは痴漢以外の何者でもありませんから。ちょっとした出来心なのか常習化しているのかわかりませんが、今ここであなたが止めなければ他の女子にも被害が起こる可能性だってあります。

ただし、痴漢撃退のために声を上げる時に注意していただきたい点が1点。
それは、敬語を使って「やめて下さい」と言い出すこと。敬語でない場合、バカップルだと思われてしまう可能性もあるので、痴漢相手が他人であることを周りにも示しましょう。

◆毅然とした態度で電車に乗る

そもそも痴漢はおとなしそうで気弱そうな女子を狙っています。
そこで、気の強そうな痴漢を絶対に許さない態度をとりましょう。先述の通り、言い出さないことを良いことにつけあがっていますから、無反応であったり恥ずかしがったりはやめましょう。
せめても体をよじったりカバンを挟みこんだり、されるがままにならないようにしたいものです。少しの抵抗でも周りが異変に気づく可能性もありますし、痴漢を見過ごさない毅然とした態度が大事なのです。

いくら気をつけてはいても、急に襲われるのが痴漢被害だと思います。
だからこそ、女子であれば見過ごしてはいけない問題。痴漢は女子にとってショックな事ですし、トラウマの原因にもなることだってあります。
自分の身は自分で守る。女子の敵である痴漢、1日も早く絶滅してほしいものですよね。




PAK42_syachikunoannei1323-thumb-1000xauto-16381

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)