好きな人とは何だか上手くいかない・・・だけど、こっちは何も意識していなかった人からは告白されちゃった!という経験をした方はいませんか?中には、自分から好きになった人とは付き合ったことがない!という人もいますよね。

女子のよくある話でも、相手から好きになられる方が幸せになれるのでは?という説が多い分、自分がちゃんと好きじゃないとお付き合い出来ない・・・という女子は少ないように思います。
ではなぜ、意識していない人からのアプローチはあっても、自分から発信した恋愛は上手くいきにくいのか、というお話をしていきたいと思います。

自分から好きになり、その恋をゲットした!という女子も居ますが、男子と女子の比率では「そんなに好きじゃないけど、付き合ったことがある」と答えたのは女子の方が圧倒的に多いのです。


【こちらは好きではないのに、なぜ相手から好感を持たれてしまうのか?】


相手からの一方的な好意は、男と女しかこの世界にいないのですから、会ってもおかしくない事です。
ですが、お互いが運命かのように好きになるというのはドラマの中や漫画の中の世界だけだと、感じてしまうのが現実です。
欲を言えば、お互いが同じように惹かれあって思いが通じて・・・というような恋愛をしたいという女子は多いと思いますが、これだけの数の男子と女子がいるのですから、少し難しいというのも理解ができますよね。
そして、男女問わずですが、相手の事が好きだと意識してしまうと、今までの対応や態度とは一変し、好意がわかりやすく表に出てしまうことがあるので、相手側「もしかして、私の事好きなのかな?」と意識し連鎖し、一組のカップルになるというのが男女共におおいのではないでしょうか。

筆者が思うには、こういう恋愛パターンが多い理由は、元々自分自身好きと思って接していない分、素の自分で接することが出来るので、相手もそのままのあなたを判断し好感を持ってくれているので、お付き合いをしても簡単に別れるという事が少ない方たちが多いといいます。


【男子は、狙っている女子の行動よりも、そのままの方が好きだということ】

男子もバカではないので、女子がブリっ子をしているとか、色香で惑わそうとしているなんてことは分かっている人も多いです。
ですが、それが好奇心や本能的に負けてしまうために「本当に男ってバカだ~」という女子の見方が出来てしまうのでしょう。
だからといって、みんなが峰不二子のような女子が好きでルパン三世的な男子とは限りません。男子が自分発信で「いいな・・・」と感じる瞬間は、一緒にいることで相手が素直に笑顔になってくれているなど、そんな素朴な部分で好感を持つ場合が多いのです。

女子は「なんで私の事良いと思ったの?」と聞いた時に、「う~ん、一緒に居ると楽しいから」など、女子があまりテンションの上がらない答えが返ってくることが多いですが、それは本当のことなのです。そんな部分?と女子はおもってしまうかもしれませんが、全体的に「良い」感じたのですから、それは一番の褒め言葉なのです。

そして、作られていない素の彼女を見ていいと思うのですから、「こんなところ嫌だな・・・」という意識は少なく、好きと言う気持ちはどんどん募っていくのです。


【全く意識していない時の彼女と、意識しだした時の彼女の変わりようは″可愛さ“を増す】

「あ~俺の事、全然好きだと思ってないんだろうな」と思っている反面、好意を彼女が意識しだした時に、ふいな反応が変わってきた時、女の子なんだなぁ~と感じる一瞬なのでしょう。
男子はハンターの本能が備わっているので、相手からグイグイ来られる恋愛パターンよりも、その気がない彼女をその気にさせる方が後々大切にしたいなという意識が芽生えやすいのでしょう。
「そんなに好きじゃなかったけど・・・」と思っている相手からこそ、好印象に映るのはきっと、なんの隔たりもなく素の自分を前面に出す事が出来ることから、男子も「可愛いな」という印象が強くなるのでしょう。




Green14_jyumon20141123153806-thumb-815xauto-17848

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)