人によって性感帯って色々ありますよね。ですが触れられたくない場所もあると思います。
セックスしている時に男子がたまに拒否することってありませんか?

今回は男子がセックス中に触れられたくない部位を紹介したいと思います。


◆乳首

女子は乳首が感じるという人が多いというように、男子も乳首感じると思って愛撫する人も多いと思うんですが、実は男子はやめてほしいと思っている人が多いんです。感じるという人もいるんですが、感じないといっている人の方が多いです。「感じないところをずっと責められてもちょっと...」なんて思っている人ばかりなので責めすぎるのも注意。といっても女子からしてもどこが感じるとかわからないなんてことも、もちろんありますよね。一番いいのは単刀直入に聞くのがベストです。探るのももちろんいいんですが、聞けば責めなくていいですし不快に思うってことが無くなるのでわからない人は聞いちゃいましょう。


◆脇

最近では脇を責めてくる男子も増えていますよね。そんな男子を見てじゃあ私もなんて思い、責めたことがある人も少なくないはず。ですが、男子的にはあまり好きじゃない人が多いそうです。くすぐったいという人もいるんですが、セックス中に汗をかいてしまうので、汚い!臭い!と思われたくないからという理由が多いんです。
不潔と思われたくない意識からなのですが、大丈夫といっても嫌がる人はかなり嫌がると思うので、なるべく脇に手を出すのはやめた方がいいかもしれませんね。
ただ、嫌われたくないなどの理由が主なので、お互い大丈夫なら責めても大丈夫だと思いますよ。



◆お腹

お腹を触りたい!と思う女性って多いですよね。でも、同じくらい男子も触られたくない人が多いんです。鍛えていないプニプニな身体を見られると、だらしないと思われると思うんです。あとは純粋にくすぐったいから触られたくないようです。日頃から鍛えていない人のお腹について触れると少しテンションが下がるかもしれないので触れないことが一番ですね。でも、中にはプニプニのお腹が好きな人も女子には多いですよね。触るのが好きな方は、「初めにプニプニのお腹が好きなんだよね!」と伝えると男子も隠さなくなるかもしれないので、一言初めに伝えるのがいいですよ。


◆お尻

女性も舐められたり、見られると恥ずかしいお尻。男子はその数倍恥ずかしがって、とにかく触れられたくないと思っています。
毛も処理していない人の方が多いし、普段見られることのないお尻は男性にとってかなり恥ずかしい部位です。お尻を触ったり、お尻の穴を舐めると感じるなんて言われることが多くなっている男子ですが、それはあくまでもごく一部の人達です。普通の人はわざわざ舐めなくても大丈夫と思っているのでそこまでやらなくても大丈夫です。なるべく、触らないようにスルーしましょう。もちろん舐められるのも好きな人もいるので、その人達は好きなだけ責めてあげましょう。


いかがでしたか。触ってほしくないなんて言っていますが、嫌がるわけではなく嫌われたくないという気持ちや、恥ずかしいくすぐったいという男子が多いです。でも、くすぐったい!と言っているところは責め次第では性感帯になることもあるので、相手が受け入れているなら責めるのもいいかもしれませんね。


db1713ba839c67978c42f67c3634feaf
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)