いくつかの恋愛を重ねると、彼女のいる男性を好きになってしまった…という経験もするものですよね。
素敵な人だからしょうがないと諦めたり、仲良しな二人の姿を想像してちょっぴり嫉妬してみたり。理性では略奪なんてしたらし返されるぞ!と考えてもみますが、やっぱり諦められない!と気持ちに火がつきやすいのものだと思います。

そこで今回は、理性と感情の間で揺れ動きやすい「略奪愛」についてお話していきたいと思います。

◆実は彼女のいない男性よりも彼女持ちの男性が狙い目?

素敵な人には既に相手がいる。歳を重ねるにつれて、どんどん実感しますよね。10代の頃と比べてなおのこと、周りの男性のほとんどが彼女持ちや既婚者だったりします。

そこでフリーの男性に目を向けると、草食男子にはじまり、ロハス系男子にセカンド童貞男子と、そもそも恋愛するのが難しそうなこじらせた男性ばかり。
奥手な男性も悪くはありませんし、一途で良いところもあるとは思います。ただし、彼らの恋愛自体のテンションを上げる必要があり、お付き合いまで発展させるのは意外と難しいものです。

つまりは、逆説的に考えましょう。女性とお付き合いするエネルギーや彼女と長続きさせるエネルギー、彼女持ちとフリーだとどちらが恋愛に対してのパワーを持っているでしょうか?
略奪愛をおおっぴらにオススメするわけではありませんが、前者の彼女持ちの男性の方が、女性と恋愛に向き合うパワーが見込めると思うのです。

◆余裕があるせいなのか彼女持ちの男性は思わせぶり?

男女問わず、長いこと恋愛をお休みしていると、男女のお付き合いがどういったものだったか、思い出せなくなるものですよね。相手の感情が読むのが難しかったり、進展させていく手順がぎこちなくなるものです。

しかし特定の相手のいる男性は、日頃から1人の女子と常に向き合っているため、他の女子でも扱いがやはり上手です。「彼氏いないの?」なんてサラッと聞いてきますし、「可愛いね」なんてさり気に褒めてくるので、勘違いしてしまいそうになりますよね。まして、意中の相手にされたら惚れてしまいます。

◆略奪愛は奪うのではなく、惚れさせるように仕向ける

実は、お付き合いしている相手がいるからといって恋愛がうまくいっているとは限りません。それぞれのカップルにつき何かしらの問題があるものです。

二人の関係が順調そうな場合もうまくいってなさそうな場合も、彼の相談相手になれるようにまずはしましょう。その時は彼のことも彼女のこともなるべく褒めます。たくさん共感して、たくさん褒めて、彼に味方であることを認識させるのです。
人間であれば誰しも自分を肯定してくれる存在って救われますよね?彼が弱った時や彼女とうまく行かなくなった時がポイント。ここでグッと彼の気持ちを自分の方に惹きつけましょう。
特に恋愛がうまくいかない時、自分の味方って欲しくなりませんか?彼女のことも否定しないように、彼のお話を優しく聞いてあげましょう。ちょっとずつ歩みを寄せて、ちょっとずつ懐に入っていくのが大事です。

略奪愛は基本的に長期戦のため、焦りは禁物。彼女から奪うのではなく、彼に惚れさせるのが鉄則なのです。

理性では止めたくても、気持ちは止められないもの。相手の有無に限らず、気持ちには正直にありたいものです。ただし、暴走しないように落ち込みすぎないように、気持ちを上手にコントロールして幸せな恋愛にしていきたいですよね。




PAK86_bardeno14181907-thumb-1000xauto-12438
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)