お腹がぽっこり出てる人の多くは、「便秘」だという人が少なくありませんね。
そりゃ、お腹の中に便が溜まっていれば、お腹が出てくるのも納得できます。


●便秘解消とダイエットの関係とは?

便秘解消とダイエットには関係性があるというのはわかるかと思いますが、今一度その理由を見ていきましょう。
理由をしっかりと把握することによって、いかに便秘がダイエットの邪魔をしているのかがわかってくるはずです。

【長期間の便秘は、便秘だけで2㎏前後も溜まっているかも】

慢性的な便秘の人は、ひどいときは2㎏前後の便が腸の中に溜まっている場合があります。便秘じゃない人は、1日200g程度の便を排出します。つまり、10回程度排出すべき便を腸の中に入れているということですよね。
さらにわかりやすく言うと、便秘の人が便秘を解消するだけで、2㎏前後一度に体重を落とすことができるということになるでしょう。

【体重が減らなくなってくる】

便を溜めているから体重が減らないんだ・・・というだけの理由ではありません。便秘が続くと、基礎代謝が落ちエネルギー消費も落ちてしまいますので、体重が減らなくなってしまうのです。ダイエットをしようと思うのであれば、まずは便秘を解消することから始めましょう。便は溜めていても仕方ないものです。排便習慣をしっかりつけて、代謝のいい体づくりから始めることによって、ダイエットも成功することにつながります。

【出しやすい便を作る環境を】

便秘を本当に解消したいのであれば、便が出やすい環境を作ることですね。環境もそうですが、出しやすい便を作るという努力も必要です。

例えば、以下のようなものがあります。

・水分を多めに摂る
・不溶性・水溶性の食物繊維を積極的に摂る
・便意がなくても朝必ずトイレに行く習慣をつける
・身体を冷やさない


●便秘解消とダイエットが一緒にできるストレッチ

便秘を解消させてからダイエットに移行・・・。ああ、面倒ですよね。
それなら、便秘解消をしつつダイエットも一緒にできるストレッチを行ってみてはいかがでしょうか?

①腰痛解消&ダイエットストレッチ(1)

自分の体の重さを使い、脛や膝、太もも、尻、腰、背中、首までを伸ばすポーズとなります。

1.正座になり、両手を床につける。
2.両手を前に伸ばし、うつ伏せになったら太ももの上で深い呼吸を8回繰り返す。
3.両手を後ろに伸ばし、手の甲を床に沈めるように肩、首の力を抜いて脱力する。
4.深呼吸を8回繰り返し、ゆっくりと起き上がる。

②腰痛解消&ダイエットストレッチ(2)

このストレッチは背骨を柔らかく伸ばすストレッチになります。むくみや疲れにも効果が表れますよ。

1.両手は肩幅に広げ、腰の真下に膝をつき、つま先を立て、四つん這いになる。
2.息を吸いながら、目線を天井に引き上げ、首周辺も伸ばす。
3.息を吐きながら、目線をおへそに向け、尾てい骨から首の後ろまで丸めていく。
4.これを8回繰り返す。


●さいごに

排便環境も整えた。ストレッチも頑張っている。でも、便も出ないし体重も減らない。そんなときは、そのまま我慢してやり続けるよりも、サプリメントなどの力を借りるのもいいのではないでしょうか。もちろん、薬の乱用はよくありません。薬を常用してしまうと、薬がないと排便ができなくなってしまいます。薬で排便を促すことをずっとやっていると、自然に便を出すことができなくなりますので、要注意です。



gatag-00007503
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)