社内恋愛といえば、大人の社会において一番身近であるにもかかわらず、かなり特殊な恋愛形態ではないでしょうか?
ゆえに社内恋愛に一種の憧れを感じる方は多いと思います。でもちょっと待てください!!社内恋愛にはメリットももちろんありますが、それ以上に大きなデメリットもあることを忘れてはいけません。

そこで今回は、社内恋愛におけるメリットとデメリットについてお話していきましょう。


【社内恋愛のメリットって?】

○とにかく毎日好きな人と会える。

まあこれが一番のメリットですよね。だって会社に行っても同じ場所に好きな人がいるのですから。
仕事に対するモチベーションも変わってきます。好きな人が見ていてくれたら何だって頑張れる気がしますし励みにもなります。

○共通の話題が増える

同じ職場ならお互いの仕事に対する理解もあるでしょうし、話題も共通する部分が多いでしょう。
周囲にもお互いを知っている共通の知人が多いので、いろいろな場面でお互いのことを知ることもできます。

○仕事ぶりが見えるので、将来設計がたてやすい

特に女性の観点からですが、もし付き合ってる彼と将来結婚を考えているならば、社内恋愛なら彼が結婚相手としてふさわしいかどうかの見極めをしやすい環境にあると言えるでしょう。
社内でのポジションや仕事ぶり、人付き合い、他人に見せる素の部分など、普通のお付き合いならなかなか見えてこない彼の一面を知ることができ、将来設計にはかなりのプラスとなるはずです。


【社内恋愛のデメリットとは】

では反対にデメリットについて触れていきましょう。むしろこちらのほうが重大です。

●会い過ぎるゆえの弊害

先ほどメリットとして毎日会えることをお話しましたが、逆に顔を合わせ過ぎることによる弊害も生まれます。喧嘩などしてしまった際には嫌でも職場で顔を合わせなければいけません。社内恋愛を秘密にしているなら、お互いに不穏な空気を醸し出すわけにはいきません。
周囲からも「あれっ、なんかあの二人変だな」と悟られないように注意が必要になります。自分以外の異性と楽しく話している姿に嫉妬することもあるでしょう。こうなると仕事も手につかなくなります。完全に仕事とプライベートが混同してしまう状態です。

●もし別れてしまったら後が大変

不運にも何かが原因で別れてしまうこともあるかもしれません。そうなったら後が大変です。もし別れた人に毎日職場で会わなければいけないという心境を考えてみてください。何よりも辛いですし嫌ですよね。しかも、相手が同じ職場の別の人と付き合うことになんてなったら目も当てれません。
社内の人間に相談できるはずもなく、気持ちのやり場がなくなり「もう何もかもやめたっ」と、完全に仕事放棄なんてことになりかねません。

●会社が万一の時に共倒れ

あまり考えたくはありませんが、今の世の中不景気です。もし二人が働いている会社が万一倒産なんてことになったらどうしますか?
まったく有り得ないことではないと思います。二人同時に職を失い、それこそ将来を考えることも難しくなるでしょう。もしそうなった場合、お互いを助け合い立ち直る覚悟はありますか?もっとも、これは最悪のケースを想定した場合に限っての事ですけどね。


【さいごに】

どうですか?社内恋愛とは安易に憧れるだけではなかなかうまくいかずハイリスクなものです。最低限「周囲にバレないようにする」「公私混同はしない」「決してまわりに迷惑をかけない」この三つを念頭においてください。
それでも構わないという覚悟のある方はその独特の世界に飛び込んでみてはいかがですか?




SEP_329915201730
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)