あなたの職場には憧れの先輩がいますか?仕事もバリバリできて、後輩の面倒見もいい。
やっぱりカッコいいですし素敵ですよね。女性に対しても優しいとなれば憧れの的になるのも当然です。
そんな憧れの先輩に対してさりげなーく好意をアピールするための一言を伝授しちゃいます。


●「おはようございます!」

まずは初歩的な挨拶から。一日の始まりはまず挨拶からですから、元気に挨拶をして朝からあなたの存在をアピールしましょう。
笑顔でニコッとしながら挨拶すれば、さらに効果が上がるはずです。暗くて小さな声で挨拶しても誰も気にも留めてくれませんよ。


●「お疲れ様です」

これも何気ない一言ですが、言い方やシチュエーションによっては非常にに効果があります。
外回りから疲れて帰ってきた先輩に対して「お疲れ様です」と優しくねぎらうようにそっと声をかけて下さい。決してぶっきらぼうに言ってはいけません。
応用として「お疲れですね」というのもあります。
根を詰めた仕事の後や遅くまで残業をしてうなだれている先輩に「ずいぶんお疲れですね」「大丈夫ですか?」なんて優しく声をかけたら、「こいつ優しいやつだな」「ちょっと癒される」なんて感情を持ってもらえるかもしれません。

ちょっとかがんで同じ目線か少し下から言うのがコツです。


●「すごいですね」

これは、先輩の仕事ぶりを褒める言葉です。人間誰しも褒められれば嬉しいものです。上司や後輩の前でも「できる自分」をアピールするために先輩も必死に仕事に打ち込みます。
「その提案すばらしいと思います」や「この仕事は先輩以外にはできません」「さすが先輩です」とにかく褒めまくってください。
あくまでもさりげなくですよ。やり過ぎるとかえってわざとらしくなり効果が減少してしまいますから。


●「コーヒーでもいれましょうか?」

いわゆる差し入れ攻撃ですね。
仕事が一段落しているのを見計らって「何か飲みますか?」とか「甘い物でもどうですか?」と声をかけてみてください。
きっと相手は「この子なかなか気が利くな」「意外と俺のこと気にしてくれてるのかな」とあなたにとって好印象を抱いてくれるのは間違いありません。
たっぷりと愛情のこもったコーヒーと疲れを吹き飛ばすあまーいスイーツでも差し入れてください。


●「お手伝いしましょうか?」

この辺りからちょっと上級編になりますね。先輩の手掛けてる仕事は同期や後輩の仕事に比べて、やはり難易度が高いことでしょう。先輩から「ちょっと手伝ってくれないかな」と声をかけてくれれば、それこそ喜んで手伝うところでしょうが、やはり先輩にもプライドもあるだろうし、特に女性の後輩に手伝いを頼みにくい部分もあると思います。
そこで自ら「何かお手伝いしましょうか?」と切り込むのです。コピーや資料集め・整理など、あなたのできることをしてあげてください。必要以上に難しいことに手を出し、かえって先輩の手を煩わすことだけは避けましょう。最終的に彼の仕事が無事に完了したときに一緒になって喜びを分かち合うことができれば素敵ですね。


●「ちょっとご相談があります」

これが一番ストレートな感じですね。「ちょっと仕事のことで相談があります」とか「プライベートなことを相談してもいいですか?」と切り出されたら大抵の男性なら「ひょっとして・・・もしかして・・・」と少なからず思うはずです。
とにかく「自分は頼られているんだな」と彼に思わせるくらい真剣に悩みを打ち明けてください。


●さいごに

これらの一言を憧れの先輩にぶつけてみて、あなたの気持ちをアピールしてみてください。
その後の展開が良いものになることを期待してます。ぜひ頑張ってください。




CL201_syorui2320140830185655-thumb-815xauto-17628
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)