現在社内恋愛真っ最中!もしくは、これから社内恋愛に発展しそう!なんて幸せ気分に浸っている方もいるかと思います。

でも、考えてみてください。会社(職場)とは本来プライベートな部分とは真逆の世界にある場所です。
そこに恋愛感情という最もプライベートな部分を持ち込んでしまうわけですから、日頃からいくつかの注意が必要です。そこで今回は「社内恋愛において注意すべきこととは」と題して、ポイントを5つご紹介します。


●周囲に悟られない

現在でも社内での恋愛を禁止している会社も少なくはないと思います。大々的にオープンにしている職場は別として、社内恋愛を秘密にしているケースが結構多いはずです。
なぜなら、そのほうが仕事をするうえでプラスになると判断できるからです。
周囲に知られると二人で一緒にいるだけで「仕事そっちのけで、イチャイチャしてる」と思われたり、「あの二人は付き合ってるから同じ班に組むのは避けようかな」と変な気をまわされてしまったりとか、本人たちは決してそうは思ってなくても、周りからは公私混同していると思われることが非常に多いように感じます。
ですから、あくまでも秘密にしておくことをお勧めします。


●出勤や退勤の時間差

いつも同じ時間に二人が出勤したとします。「あの二人いつも一緒に出勤してるけど怪しいな」と気付く人もいるはずです。たまたま偶然で同じ時間になったとしても、そこは時間差で出社したほうがいいですね。
お泊りデートの翌日の出勤なんかは特に恋愛オーラが出やすいですから気をつけましょう。退勤の際にも注意が必要ですよ。毎日一緒に帰ろうとするならば、「私たちこれからデートです!」と言わんばかりの状況になります。そこもあえて時間差で会社を出て、少し離れた場所で待ち合わせをするほうがいいでしょう。


●休みの取り方

同じ職場であるがゆえに、お互いの休みの都合も取りやすいのですが、そこにも注意が必要です。
会社の定休日なら何の問題もなく一緒に休みを過ごすことはできますが、問題は有給休暇や長期休暇を取るときです。同じタイミングで有給を取ったり、長期休暇を取れば間違いなく「二人が付き合っている」と疑われることでしょう。
社内が忙しい時に、二人が揃って有給休暇を取ったりすれば、疑われるだけでなく休み明けに出社した際の周囲の目はかなり冷たいものになってると思って下さい。


●関係性を崩さない

同期同士の関係ならそれほどではないのですが、二人が「先輩」「後輩」もしくは「上司」「部下」の関係だった場合は、その関係性を崩さないように注意して下さい。
お互いが妙に馴れ馴れしかったり、敬語で話さなかったり、そこに上下関係が成り立っていない様子が見受けられれば必ず怪しまれます。
もしバレたりすれば、どちらかが職場転換になったり、その後の人事にも影響が出たりとか、ただ事ではすまないので気をつけましょう。


●最悪の事態を想定する

一番恐いのは、最悪二人が別れてしまっときに、その後会社へ行くことがすごく嫌になることではないでしょうか。
プライベートでは会わなくなったとしても、会社では嫌でも顔を合わせることになります。仕事上の話もしなければいけませんし、全く無視することもできません。
二人が別れたって、周囲の人には関係のないことですもんね。職場内でお互い別の相手と付き合うことになったとしても、それもまた微妙です。そうなってくるとなんか社内の関係がぐちゃぐちゃになりそうですね。


●さいごに

いかがでしたか?社内恋愛を現在進行形の人もこれから発展する人も上記の「注意すべきポイント」をしっかり抑えて社内で気まずくならないよう気をつけて下さい。




SEP_318715193505-thumb-815xauto-16090
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)