男性に幻滅される瞬間とは、一瞬の出来事。今までの二人の関係がどれだけ順調であっても、何気ない言動によっては恋愛対象に入らないNG女子に認定されてしまうこともあるのです。


男性が幻滅してしまう、恋愛対象に入らないNG女子。
今回は、よくあるデートの場面から「ディズニーリゾートでのデート」を想定してみました。一緒に行くと別れるとも言われるディズニーリゾートは、いわばデートの鬼門。仲の良い二人だからこそ楽しさも倍増するのがテーマパークの魅力ですが、些細な言動で幻滅されないようにしたいものです。(前回はこちら)

◆レジャーを楽しめる服装で来ない

大好きな彼とのデートだからこそ女子として可愛く見られたいですし、服装だって気合を入れたいですよね。
しかし、高いヒールの靴を履いてきては長時間立ちっぱなしのため疲れてしまいますし、薄手の格好では1日中屋外で過ごすには防寒対策ができません。
結果、自分でも楽しさが半減してしまうばかりでなく、彼にも気を使わせてしまうことになります。丈の短いスカートもアトラクションの乗り降りを考えるとやめておきましょう。
服装というのは、場面を考えてこそ。場違いな格好で彼を盛り下げてしまわないようにしましょう。

◆待ち時間にスマホをいじってばかり

ディズニーといえば、待ち時間。この待ち時間に気まずい思いをすることから、ディズニーデートは別れると言われてしまうんですよね。逆に言えば、待ち時間も会話が弾んだり、気を使いすぎずに過ごせるようであれば、これからも長続きする二人になれるということです。
そのためにも、いくら待ち時間が長過ぎるからといって、スマホをいじってばかりではいけませんよ。今楽しむべきは、オンラインではなくオフライン。彼と一緒に過ごす時間を大切にしたいものです。

◆元彼との思い出話をする

年齢を重ねると、今の彼以外ともディズニーにデートに訪れた経験が誰しもあるものです。しかも、久々に訪れてみるとやたらとその記憶が蘇ってくるもの。
しかし、だからといって元彼の話をペラペラと話すのはやめておきましょう。会話の流れで昔のデートの話になったのなら構いませんが、彼にとって一方的に元彼の話をされるのは気分の良くないものです。こちらも楽しんでいる最中に元カノの話なんてされたら、盛り下がりますよね。

「ディズニーデート」というと、丸一日彼と過ごすことになります。夢の国と言われるだけあって楽しみが沢山詰まっているはずの場所ですが、不思議な事に別れの原因ともなってしまう場所でもあります。楽しい分、疲れる場所ですから、お互いの思いやりや時間やお金の使い方が見えてきてしまうのでしょうね。

恋愛対象に入らないNG女子。
今回はよくあるデートの場面から「ディズニーデート」を想定して考えていきました。本来であれば、二人にとって楽しい思い出になるはずのデート先ですが、幻滅されてしまう場面もたくさんあるのです。
続きまして次回は、これからの季節のデートスポットである「イルミネーションデート」を想定して、考えていきたいと思います。

ディズニーのキャラクターたちと一緒に夢と魔法のクルーズへ!

4f620be2da47e2e35b0969af1a17306e_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)